2018年06月15日

洋食 ふじかわ(荏原中延)…どうしてもグラタンの気分だったので

110.JPG
朝起きてから何も食べないままずっと働きづめで、
東急池上線荏原中延駅にて17時半。
どうしてもグラタンが食べたい。
選択肢はオリジン弁当のデリか「洋食 ふじかわ」しか思い浮かばない。
「洋食 ふじかわ」に行く。

090.JPG
入店すると先客はなく、4人用テーブル席につく。
約一年半ぶりに来たが、以前同様、年配夫婦二人で切り盛りされている。

088.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューも一年半前と全く変わらない。
この店には幾度か来ているが、どの品もボリュームが乏しい。
そこでチキングラタン980円豚汁セット100円に加え、
ポークしょうが焼850円を注文する。

092.JPG
ふと考える。
グラタンやドリアって、パスタ専門店で食べるのがいいのか、
それともこのふじかわのような洋食店で食べるのがいいのか。
パスタ専門店の方が具の違いによるバリエーションが豊富かもしれない。
洋食店では調理に時間がかかるので昼は嫌がられることが多い。
思い切りグラタンを食べたければビュッフェに行くのがいいが、
冷めていたりしてがっかりすることも多い。

105.JPG
注文から16分ほどでグラタンもしょうが焼きも出来上がってくる。

118.JPG
ポークしょうが焼はロース薄切り肉が5枚ほど、
ピーマンや玉ねぎと共に炒められ、鉄皿に上に並ぶ。
タレが乏しいので千切りキャベツを浸して食べることはできない。

120.JPG
味つけは甘さ控えめでなかなか美味い。

114.JPG
グラタンは耐熱皿に溢れんばかりに入っていて、
なかなかのボリュームだ。

133.JPG
マカロニではなく太めのスパゲティが使われる。
洋食屋のグラタンではよくあることだ。
ベシャメルの味はオーソドックスでチーズも安っぽくなく、
まずまずの満足感だった。

125.JPG
豚汁は味噌成分が薄く、出来そこないの野菜スープのようだった。
有料なのだからもうちょっと真面目に作ってほしいと思った。

086.JPG
地元民に支えられる大衆洋食店であり、
沿線では戸越のTAIyo、旗の台のじれっ亭と同タイプと言える。
かつて戸越銀座商店街にブルドックという有名店があったが、
こういうタイプの店は減りゆく傾向にある。
いつまでも長く頑張ってほしいものだと思う。
次はナポリタンとロースカツを食べたい。

洋食 ふじかわ洋食 / 荏原中延駅中延駅戸越公園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 19:03| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。