2018年07月20日

ジャン・カレー(末広町)…オーソドックスな美味いカレーだった

027.JPG
午前の仕事を終えた後、昼過ぎにJRで秋葉原へ。
ワケあって電化製品を物色してまわったのだが、
予想外に長時間かかってしまい、気がつけば14時半過ぎ。
以前から行ってみたいと思っていた「ジャン・カレー」に行く。

006.JPG
入店してすぐ左手の券売機の前に立つ。
強烈にお腹が空いているから大胆にいこうと決意し、
ロースカツカレー850円トッピングロースカツ300円
大辛2倍100円ルー増量100円の食券を躊躇なく買う。

007.JPG
店内は飾り気がなく、何となく薄暗い雰囲気だ。
男性一人客の入店しか想定していないようにすら感じる。
但し、清潔感がないというわけでは全くない。

018.JPG
食券を店員に渡してから5分で出来上がってくる。
一瞬目を瞠るほどのなかなかのボリュームだ。
カツは1枚足しているしカレールーは増量しているので当然だが、
ご飯の量はそもそも並盛でも多いのだ。

034.JPG
ロースカツは肉だけで1枚90〜100g程度だと思う。

044.JPG
肉の厚みは最大でも0.8pくらいで脂身はそこそこついている。
やや厚めでカチッとしたコロモがついていて、肉からは剥がれない。

037.JPG
卓上に置かれた、昔ながらの真っ赤な福神漬をのせて、
スタンバイOK。

053.JPG
食べてみると、カレーは欧風と和風の中間のような感じで、
嫌みのないレベルの酸味と甘みがよく、モッタリ感は強くない。
学食や昔の高速サービスエリアのカレーを美味くした感じ、
とでも言えばいいだろうか。

047.JPG
カツともよく合うカレーだ。
残念だったのは大辛2倍がまったく辛くなかったこと。
きっと3倍にしてもあまり大差ないだろう。
この辺は強く改善を求めたいものだ。

004.JPG
秋葉原にいてカツカレーとなったらラホールとここと迷うだろう。
気分で使い分けたい。
因みにジャン・カレーは都内に4店舗を展開する。
都内でカレースタンドがもっと凌ぎを削って、
いい店がどんどん出て来てくれたらとても嬉しい。

ジャンカレー 末広町店カレーライス / 末広町駅湯島駅御茶ノ水駅


昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 18:00| Comment(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。