2018年07月24日

舞香(恵比寿)…ご飯の盛りがウリ?客足が途絶えない大衆中華店

022.JPG
所用のため久々に来た恵比寿を練り歩く。
西口から線路沿いに渋谷方面に歩くと見慣れない店が立ち並ぶ。
飲食店なんかまったくなかった地帯に林立していたりする。
古着屋やお洒落な雑貨店、インテリア店などを横目に歩き進み、
界隈随一の人気店と評判の大衆中華店「舞香」に行く。

007.JPG

004.JPG
14時50分の入店で全12席の店内に空席はカウンターの1席のみ。
その1席に座り、メニューを見る。
近づいてきた中国人女性店員の急かすような態度に圧され、
生姜焼き定食800円ご飯少なめと餃子(6個)450円を注文する。

客が一人帰ればその席にすぐ次の客が座る。
なるほど聞きしに勝る人気店ぶりだ。
客層は土地柄若い普段着サラリーマン風が多いが、
ガテン系や学生風の男性一人客もいる。
隣席の年配男性客に出たチャーハンがもの凄いボリュームに見えた。

024.JPG
注文から6分後に生姜焼き定食が出来上がってくる。
ご飯は少なめでも丼いっぱいに盛られてきたので、
「その半分くらいに」と盛り直してもらう。
わかめの中華スープ、漬物がつく。

014.JPG
生姜焼きは豚小間肉と玉ねぎが一緒に炒められている。
味つけは甘みはほどほどでほんのり生姜が利いてまずまず。
タレ、ツユが多かったので千切りキャベツを浸して食べた。
バラ肉使用だったら好みのど真ん中だっただろう。

033.JPG
その5分後に餃子が出てくる。
熱々の鉄鍋に標準サイズの餃子が6個並べられている。

039.JPG
卓上の自家製と思われるラー油をたっぷり使って食べる。

041.JPG
あんのボリュームが乏しく、6個でもペロッと食べられる。
厚めの皮は焼き面はパリッとして香ばしく、
結び面もなかなかの旨味だった。
もうちょっとみっちりあんを詰めてくれたらもっと美味くなる、
と思った。

001.JPG
隣の年配客に出たチャーハンの見た目があまりにも鮮烈だったので、
いずれそれを食べに来たい。
この界隈を練り歩くのは楽しい、と実感した。

舞香中華料理 / 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 16:28| Comment(0) | 渋谷区 恵比寿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。