2018年07月26日

ジーエス(虎ノ門)…メタボサラリーマンの街に現れた上品なカツカレー専門店

031.JPG
虎ノ門に「フリッツ」の系譜を引くカツカレー専門店ができた、
との情報を得たのが7月の初旬のこと。
午前の新橋での用事を早めに澄ましたこの日、
炎天下に虎ノ門まで歩いて、その「ジーエス」を目指す。

008.JPG
開店時間の午前11時ちょうどに着くと男性一人が店頭で開店を待っている。
すぐに店内から女性店員が出てきて開店となり、その男性に続いて入店する。

005.JPG
入口すぐ左脇の券売機の前に立つ。

006.JPG
メニューにあるカツ皿単品の注文が昼はできないようなので、
カツカレーにもう一枚カツをトッピングすることはできない。
名物カツカレー1,300円の食券を買い、女性店員に渡す。

017.JPG
私の後からも入店客が続き、カウンターのみ全12席の店内に、
開店直後は私を含めて男性一人客ばかり6人ほどが席についた。
私がいる間にその後訪れる客は無かった。

019.JPG
卓上には千切りキャベツ用と思われるオニオンドレッシングや、
大辛味スパイス、福神漬替りの生姜の酢漬け、いわゆるガリに、
フリッツやポンチ軒にも置かれていた太陽ソースや、
クラフトのパルメザンチーズなども置かれている。

024.JPG
注文から11分ほどでカツカレーが出来上がってくる。
カレー、ご飯、千切りキャベツが並んで盛られ、
千切りキャベツの上にカツが、ご飯の上に付け合せがのる。

048.JPG
ナス、ジャガイモ、玉ねぎ、パプリカをスパイスで煮たものに加え、
キュウリと玉ねぎのピクルスが付合せとして盛られる。

037.JPG
カレーはやや緑がかった黒色で、粘度がないシャバシャバ質だ。
デリーのカシミールカレーとはちょっと異質の黒色に見える。

033.JPG
かつは肉の断面が最大1.8p、肉だけで100g程度のボリューム。
カツカレーのカツとしては十分すぎる厚さとボリュームと言える。

044.JPG
断面を見ればコロモの貼りつき方や肉の切れ目の繊維、色など、
十分に立派なとんかつとして成立する仕上がりになっている。

056.JPG
食べる。
カレーは独特のスパイス感で、刺々しさがまったくない。
きっとカツに合うように研究されたのだろう。
カツは赤身がやや硬くてパサツキがあるが、臭みはまったくない。
メキシコ産の豚肉を使用しているとの情報があるが、
恐らくカウンターのみの庶民派店としてコストを考えたのだろう。

053.JPG
カレーにまったく辛さがないので、卓上のスパイスを大量投入する。
だいぶ美味くなる。

002.JPG
虎ノ門はメタボ貧乏サラリーマンの街だ。
1,300円というゴルフ場のランチ並みの価格のカツカレーが
この地の人々には簡単には受け入れられないと思う。
いっぺこっぺのカツカレーですら1,000円で食べられる。)
しかし、評判を聞いて遠征して来る人は多いだろう。
今後この地に根付いていくのか、注目していたい。

カツとカレーの店 ジーエス欧風カレー / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅


昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。