2018年07月30日

仙台や(渋谷)…デカ盛り自慢の日式中華、恐れることはない

025.JPG
平日昼12時半頃、渋谷駅から線路沿いを恵比寿方向に歩く。
生命に危険を及ぼしかねない暑さの下、タオル片手に歩く。
目指すはデカ盛り通の間では知らぬ者のない人気中華店、
「仙台や」だ。

013.JPG
12時40分頃に着き、恐る恐る店内をのぞくと、嘘のように空いている。
全30席ほどの店内に先客は酔いつぶれている年配男性客一人のみ。
数年前に同じような時間に来て、店頭の行列を見て入店を断念した。
いったいこの数年間に何があったのか、或いはたまたまなのか・・・。

065.jpg

066.jpg
カウンター席に座り、メニューを見る。
カツ煮定食と悩んだ末、焼肉定食950円をご飯半分で注文する。
注文直後に他の客に出されたレバニラ炒めを見て、
丼ものやチャーハンの量は凄いが定食のおかずは大したことない、
と瞬時に判断し、餃子600円を追加注文する。

038.JPG
店は夫婦と思われる男女二人で営まれている。
男性は専ら調理のみを、それ以外のすべてを女性が賄っている。
二人とも愛想はあまりよくないが、問題があるわけではない。
後から入ってきた客がその女性店員に
「今日はずいぶん空いてるんだねえ。」と言うと、女性は、
「暑すぎるせいじゃないの。」とぶっきらぼうに応えていた。

015.JPG
卓上の壺には漬物が入る。
これが卓によって内容が違うらしい。
私の席の壺にはきゅうりの糠漬けが入っていたが、
キュウリのキムチやもやしのナムルなどが入る壺もあるらしい。

017.JPG
注文から3分ほどで焼肉定食が出来上がってくる。
ご飯は画像の状態から更に半分に盛り直してもらった。

028.JPG
焼肉は豚小間肉使用で、甘めでやや生姜の利いたタレで炒められている。
量は確かに多いが絶望的な巨盛りではなく、無理しなくても食べられる。
ツユダクで千切りキャベツを浸して食べるのがいい。

036.JPG
肉質はあまり期待していなかったが、意外とまあまあ。
脂身の多い部分もスジ張ったところはなかった。

039.JPG
スープや味噌汁はつかないものと思っていたら、6分後に出てきた。
ラーメンのスープだと思われるが、なかなか美味くて、
ラーメンを食べてみたいと思わさせられた。

045.JPG
定食が出た15分後に餃子が出来上がってくる。
出てきた瞬間に声が上がるほどのボリュームだ。
天龍泰興楼昇龍の餃子御三家ほどではないにしろ、
際コーポレーションの大餃子に匹敵するくらい一個一個がデカい。

056.JPG
但し、箸で持ち上げてみると中身がみっちり詰まっているわけでなく、
見た目ほどの重量感はないかもしれない。

061.JPG
中のあんを見ると豚肉、キャベツ、ニラ等のオーソドックスな内容だが、
食べてみると干しエビのような後味がした。
メニューにはニンニクが入っているマークがついていないが、
恐らく入っていると思う。

001.JPG
ご飯はデフォルトの3分の1程度にしてもらったが、完食した。
後客の肉ニラ玉子炒や豚肉と玉子のケチャップ炒は凄い量だったので、
定食系が全て丼系等に比べておとなしい量というわけではなさそう。
猛暑の時季の内は空いていそうだから、カツ煮定食を食べに来たい。

仙台や中華料理 / 渋谷駅代官山駅恵比寿駅


昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 渋谷区 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。