2018年08月06日

井田商店(荏原中延)…サボりがちが難の荏原中延No.2ラーメン店

022.JPG
かつては多賀野の行列を見て諦め、井田商店に行くこともあった。
しかし今や、ハナから井田商店を目指すことが多くなった。
臨時休業が多すぎて希少性が高くなったことも理由かもしれない。
この日もダメもとで向かってみると、運よく営業している。
すかさず入店である。

001.JPG
午前11時40分頃の入店で全10席の店内に先客は若い男性一人のみ。
店を一人で切り盛りする例のコワモテの男性店員は椅子に腰かけている。
コワモテで無愛想だが、意外と普通の優しい人であることは、
過去何度かこの店に来ていて私はよく知っている。

003.JPG
卓上のメニューを見る。
一番人気は特醤油ラーメンで、その美味さはよーく知っている。
しかしを今日は背脂味噌ラーメン850円を食べようと決めていた。
かねてより、次に来たらそれを頼もうと思っていたのだ。
トッピングチャーシュー250円味玉100円と共に注文する。
この店で背脂ラーメンを注文するのは初めてだが、
姉妹店の武蔵小山の風は南からでは背脂醤油を食べた経験がある。

007.JPG
私の後に二人組サラリーマン客、ガテン系男性一人客が入店してくる。
それでも席にはだいぶ余裕がある。
多賀野にはもちろん開店前からずっと行列ができている。
この店もちゃんと表示通り営業していれば、多少の行列はできるだろう。
そのポテンシャルは確実にある。

017.JPG
注文から約7分で背脂味噌ラーメンが出来上がってくる。
先客が一人だったせいか、思ったよりも早く出てきた。

019.JPG
味玉、チャーシューが並ぶ中心部にどっさりとネギが盛られ、
とても色の濃い細いメンマがその下に見える。

025.JPG
チャーシューをよけてみると、もやし、粗みじん切りの玉ねぎが見える。

031.JPG
スープには平太周ほど激しくない程度に背脂が浮く。
このスープをまず飲んでみると、何とも言えずに美味い。
見た目よりも重たさやクドさはなく、塩味もきつすぎない。

027.JPG
麺は細うどんかと思うようなかなりのぶっとさ。
醤油や塩は中細麺使用なので、背脂ラーメンは出来上がりに時間がかかる。
食感は特徴的でバツッとゴワッとした感じ。

035.JPG
チャーシューは豚ロース肉使用と思われ、
綺麗に赤みががっていて全体に薄らとサシが入っている。
以前の当店や今の風は南からはもっと脂身の多い部位を使っていたと思う。
食べてみるととても軟らかくて、味わい深いスープとの相性もいい。

037.JPG
とても美味かった。
会計は細かいお金がなくて一万円札を差し出したが、
コワモテの男性店員は普通に対応してくれた。
特醤油を食べにすぐにでも来たいと思うが、
次に来たらまた背脂味噌を注文してしまうかもしれない。
いつ開いているのか全く分からないけれど。

井田商店ラーメン / 荏原中延駅中延駅荏原町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9

posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。