2018年08月16日

Boulangerie Bonheur(梅屋敷)…品数豊富なサンドウィッチ、惣菜パン、店内は魅惑の空間

020.JPG
朝9時過ぎ、所用にて京急線梅屋敷駅周辺を歩いていて、
時間つぶしのつもりでたまたま通りがかった、
Boulangerie Bonheur(ボヌール)」なるパン屋をのぞいたのだ。
すると店内には魅力的なサンドウィッチや惣菜パンがずらりと並び、
その光景に、お盆とトングを手に取らざるを得なかったのである。

011.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

012.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

016.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
豊富なバケットサンドにコッペパンサンドなどなど、
どれもサイズが大きくてもの凄く美味そうだ。

009.JPG
5分くらいかけて5個くらいに候補を絞ってから、
更に5分くらい悩んで2個を選び、購入する。
8時開店の店で9時でこれだけ品数が豊富なのだから、
10時頃になればもっと魅惑の品が並ぶのだろう。

014.JPG
「Boulangerie Bonheur」は都内、神奈川県に計7店舗あり、
11月には大森の新商業施設にベーカリーカフェを出店させるよう。
他にコッペパンサンド専門の系列店が蒲田にある。
運営するのは「リトルハピネス」という会社で、
リトルマーメイド」のフランチャイズ運営から事業をスタートし、
その店舗を徐々に自社ブランド「Bonheur」に切り替えていき、
現在に至っているようだ。

買ったパンを持って近くに公園を捜し、ベンチに座って食べる。

017.JPG
一つはチーズたっぷりバジルフランス370円+税だ。
硬めのフランスパンに大ぶりのベーコン、トマト、大葉を挟み、
バジルペーストで味つけをし、
更に全体をチェダーチーズでくるんで焼き上げている。
ベーコンはインポートの生ハムやパンチェッタのような味わいだ。

025.JPG
チーズの直接焼かれた部分がカリッとして美味い。

027.JPG
もう一つはチーズカレースティック200円+税だ。
何かの唐揚げのような、惣菜パン離れした見た目だ。

006.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
正直言って、売り場で並んでいるのを見て、買わずにはいれなかった。

032.JPG
外側はチェダーチーズとコーンフレークが焼かれてカリッとし、
中は中空でフワッとする独特の食感だ。
中身はやや辛めのカレーペーストとモッツァレッラチーズだ。

002.JPG
いやあ、いい店を見つけてしまった。
この界隈には日常的にあまり来ることがないのだが、
チョリソーバケットやとんかつコッペなど食べたい品が山ほどあり、
どうしてもまた来なければならない。
11月に大森にできるベーカリーカフェにも休日に行ってみたい。

ブーランジェリー ボヌール 梅屋敷店パン / 梅屋敷駅京急蒲田駅蒲田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

posted by こここ at 11:00| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。