2018年08月27日

敦煌(関内)…餃子忘れるな!笑ってごまかすな!

056.JPG
関内駅近辺でひと仕事終えたのが14時半過ぎ。
最近ランチ難民化の危機に瀕することが多いなぁ・・・
通し営業の来々軒で味噌らーめんでも食おうか、と歩いていると、
その来々軒の向かいに「敦煌」という中華料理店を見つけ、入店する。

009.JPG
14時40分過ぎに入店でかなり広い店内に先客は3人のみ。
通し営業だがランチタイムは15時までのよう。

029.JPG

027.JPG

015.JPG
牛肉やきそばにかなり惹かれたが、
せっかくランチタイムに間に合ったのだから
ランチメニューの中から選ぶべきかと考えて、
豚肉の生姜焼き750円焼き餃子(6個)400円を注文する。

025.JPG
店員はすべて中国人のよう。
先客3人の内2人は店の馴染みのような中国人客で、
店員たちと中国語で大声で話しながら酒を飲んでいる。

039.JPG
注文から8分ほどで生姜焼き定食が出来上がってくる。
わかめと玉子のスープ、奴、きゅうりともやしのラー油和え、
杏仁豆腐がつく。

059.JPG
生姜焼きは豚バラ薄切り肉が玉ねぎと共に甘辛いタレで炒められている。
タレには味噌(甜麺醤?)も含まれていそうだ。

062.JPG
私が好きなタイプの生姜焼きではないが、
そういうものだと思って食べれば、特に美味くないというわけではない。
甘味が強いのでご飯とはあまり合わないように思った。

011.JPG
生姜焼きを食べ終わり、餃子が出てくるのを待つ。
店員たちが自分たちの食事の準備をしている。
20分ほど待って、痺れを切らして店員を呼んで聞く。
「すいません、餃子まだですか?」
「ア゛!!」
なにがア゛!!だよ。
すべてを察し、伝票を持ってレジに向かう。

002.JPG
店員たちは顔に薄笑いを浮かべながら「スイマセン」とか言っている。
こういう店は大嫌いだ。
きっとわざとやっているのだ。
日本人を馬鹿にしているのだ。
もてなそうとか客を喜ばそうという気持ちは一切なく、
日本人から金をむしり取ってやろうとしか思っていないのだ。
きっと餃子が出てきたとしてもろくでもない味だっただろう、
と自分に言い聞かせつつ、関内駅に向かった。

敦煌四川料理 / 関内駅伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。