2018年08月29日

肉焼家 琉庵(荏原中延)…焼肉食べ放題ランチで丼づくりにハマる

046.JPG
午前11時、JR五反田駅に降り立つ。
今日は朝から肉丼の気分だ。
登川鶏々味鳥で焼鳥丼か、戸越のとんたんで豚丼か・・・
なんて考えていたところで、ふと妙案が浮かぶ。
東急池上線に乗り、荏原中延の「肉焼家 琉庵」を目指す。

006.JPG
店頭のメニューで名物、食べ放題ランチを確認する。
豚肉、鶏肉中心の焼肉ランチだ。
自分の手でタレで香ばしく焼いた豚、鶏肉をご飯にのせ、
豚丼と焼鳥丼を同時に楽しもうという算段だ。

020.JPG
午前11時半ちょうどの開店と同時に入店し、
すぐに食べ放題1,100円を注文する。
最初に肉盛合せが出て、後で単品を追加していくシステムだ。
肉はタレ味、塩味、味噌味のいずれかを指定でき、追加時に変えられる。
もちろんタレ味で注文する。
この店の食べ放題ランチは3度目の訪問だから勝手は分かっている。

012.JPG
すぐに生野菜、スープと白飯が運ばれてくる。

029.JPG
スープは牛スジと野菜を煮込んだもので、うっすらカレー味がつく。
前回はトマトが入りミネストローネ風だったので、
いつも工夫をして出しているのだろう。

013.JPG
そしてタレ味の肉盛が出てくる。
鶏モモ、鶏ハラミ、豚ロース、豚ハラミ等が盛られる。
これらをすべて、一気に焼く。

035.JPG
ご飯にタレを回しかけ、スタンバイだ。

039.JPG
焼きあがった肉を順番にのせる。
第一弾の焼肉丼、豚鶏焼き丼が完成だ。
タレ焼きの焦げた部分が香ばしく、ご飯と合う。
肉だけ食べるならちょうど火が通ったタイミングがいいのだろうが、
ご飯に合わせるのなら、ちょっと焦げ目がついた方が絶対に美味い。

048.JPG
おかわり一皿目は豚カルビと牛レバーを注文する。
食べ放題で注文できる牛肉はレバー、赤タン、ハツだ。
豚カルビは以前より若干脂ののりがよくないように見える。

063.JPG
豚丼完成だ。
美味いが、脂身が豊富ならもっと美味かっただろう。
牛レバーはご飯にのせずに食べた。

065.JPG
さて、おかわり2皿目は鶏モモである。
厚みがあるので豚カルビや牛レバーより焼き時間がかかる。
焦げ目ができるように丁寧に網上で転がしながら焼く。

077.JPG
完成だ。
もう見るからに美味そう。
ネギ筏や海苔があったら完璧だが、贅沢は言えない。

073.JPG
食べる。
やはりタレ焼きの焦げ目が香ばしくてご飯とよく合う。
この店はガスコンロで炭火焼ではないが、
自分で作る楽しさも手伝って、とても美味かった。

082.JPG
因みにこの三種の丼を作って食べる間、一度もご飯をおかわりしなかった。
ご飯はちびちびと食べ続けた。
糖質制限を忘れてわしわしとご飯をかき込めたら、もっと楽しかっただろう。

008.JPG
とても楽しかった。
次回は鶏モモ2人前を一気にご飯にのせてゴージャスな焼鳥丼を作ろう、
有料でもいいからネギ筏焼きを注文して加えよう、
なんて思いつつ、会計をして店を後にした。

肉焼家 琉庵焼肉 / 荏原中延駅戸越駅中延駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。