2018年08月30日

キッチンABC 池袋東口店(池袋)…城北部によくあるタイプの庶民派洋食店

035.JPG
昼飯を食うヒマもなく、気がつけば池袋にて17時。
こんなに忙しいのも久しぶりだ。
今日はまだまだ遅くまで仕事がたっぷり残っている。
とりあえず何か食べようと、通りがかった「キッチンABC」に入る。

046.JPG
全26席の店内に先客は男性一人客ばかり5人ほど。

005.JPG

006.JPG

011.JPG
豚肉の炒め物類、カレー類、オムライス、ハンバーグ等が基本メニューだ。
大盛豚からし焼肉850円をご飯少なめで注文すると、
「じゃあご飯は普通でいいですか?」と女性店員に言われる。
大盛豚からし焼肉はご飯もおかずも大盛りになるからだろう。
更に単品のメンチカツ180円黒カレーソース280円を追加注文する。

014.JPG
池袋にある洋庖丁ミトヤ、キッチンABCにはメニューに共通性がある。
ジャンボ焼、からし焼や単品揚物のラインナップなどなど・・・
板橋本町の美味しん坊も似ているらしい。
これらの店は豊島区、板橋区、北区、いわゆる城北部で店舗展開している。
今は無き池袋のキンカ堂という大型スーパーの食堂がルーツとの説があるが、
真偽のほどは分からない。
因みにキッチンABCは四店舗をいずれも豊島区内で運営している。

024.JPG
注文から6分ほどですべてが一気に出来上がってくる。

039.JPG
メンチカツはからし焼の皿に一緒に盛られ、
千切りキャベツにナポリタンスパゲティが添えられる。

050.JPG
さっそくからし焼肉を食べる。
豚バラ薄切り肉使用で、たっぷり粗挽き黒胡椒がかかる。
洋庖丁で食べたからし焼肉はニンニクが効いていたが、
この店のはまったくニンニクが入っていないよう。
かなりシンプルな味だ。

048.JPG
メンチカツは洋庖丁やミトヤよりも若干大きめだ。
また上記の二店ではトマトベースのソースがかかって出てきたが、
この店では何もかけられないで出てくる。

064.JPG
箸で二つに割って断面を見ると、コロモはハードで厚め。
中身は粗みじん切りの玉ねぎが豚挽肉に練り込まれている。

068.JPG
メンチカツをご飯にのせ、

052.JPG

078.JPG
黒カレーソースを上からぶっかける。
メンチカツカレー(小)完成だ。
カレーはいわゆるカシミールカレー的な甘めの味わいで、
辛さはそこそこな感じ、Coco壱番屋換算で3辛程度だと思う。

055.JPG
味噌汁は豚バラ薄切り肉や根菜類が入る豚汁で、
味噌が濃くてなかなか美味かった。

002.JPG
通りがかりで入った割にはまずまずの満足感だった。
からし焼肉やジャンボ焼のおかずW盛りができるといいと思った。
この系統のいずれかの店が城南地区に進出してくれないかなあ、
と思ったりもする。

キッチンABC 池袋東口店洋食 / 池袋駅都電雑司ケ谷駅東池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 20:00| Comment(0) | 豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。