2018年08月31日

とんかつ 丸山(京急蒲田)…東蒲田に林SPFとんかつの穴場店あり

022.JPG
蒲田は羽根つき餃子と林SPFポークとんかつの街である。
丸一まるやま食堂等の林SPFとんかつ店には連日行列ができる。
そのまるやま食堂の系列の「とんかつ 丸山」なる店が東蒲田にあり、
昼どきでもほとんど並ばずに食べられるとの情報を得る。

012.JPG
平日のこの日、京急蒲田駅から5〜6分ほど歩き、
キネマ通りというさびれた商店街にある店に午前11時半頃に着く。
入店すると先客は常連らしい男性客が一人いるだけで、
カウンターの一番奥の席に座る。

005.JPG
卓上のメニューを見る。
他にメンチカツ定食があると壁に表示されている。
リブロースとんかつ定食1,800円をご飯少なめで注文する。

011.JPG
店は中年の男性一人によって賄われている。
この男性は檍の主人である丸山氏の親戚らしく、
当店はその丸山氏がかつて働いていたとされるまるやま食堂の系列店のよう。
南蒲田にあったまるやま食堂の系列の居酒屋がここに移転し、
とんかつ専門店として再スタートしたということのようだ。
その店名を檍の主人の丸山氏の姓からとったのだそうだ

008.JPG
卓上にはとんかつソース、一味唐辛子の他に
ピンク岩塩と長崎県対馬の塩が置かれる。
他の席には秋田県の昆布塩も置かれている。
醤油は頼むと既製のしぼりたて生醤油が出される。

014.JPG
注文から13分ほどでリブロースとんかつ定食が出来上がってくる。
ご飯は一旦茶碗に八割ほど盛られたものを更に減らしてもらう。

017.JPG
肉は厚みが最大で2.5p、肉だけで250gくらいのボリュームだ。
120〜130度くらいの中温で揚げられていると思われ、
目の粗いコロモは肉にしっかりと貼りついている。

024.JPG
断面を見るとピンク色の部分が残っていて、
全体についている脂身がきらきらと光っている。
見るからに美味そうだ。

030.JPG
食べてみると、
林SPF特有の赤身の淡泊な味わいにクニュッとした食感、
そして独特の脂身香は健在だ。

027.JPG
味わいが淡泊だけに断面に岩塩を小量つけて食べるのが
この系統のとんかつの一番上手い食べ方なのだと思う。
が、私は醤油を小量コロモにたらして食べるのもよかった。

033.JPG
豚汁は一口大の脂身に満ちた豚肉がゴロゴロ入り、
とても美味かった。

001.JPG
主人が常連客に
「食べログを見てくるような人は土曜に来るから平日はすいている。」
というようなことを言っていた。
確かに私の滞在中に後客が一人来ただけで、退店時に客はいなかった。
クォリティはまるやま食堂とほとんど変わらないと思うので、
JRの蒲田駅からはちょっと遠いが、並ぶのが嫌なら穴場な店と言える。
そのうち混んでくるかもしれないが・・・

とんかつ 丸山とんかつ / 京急蒲田駅梅屋敷駅糀谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。