2018年09月04日

とんかつ 川善(三軒茶屋)…町とんかつもたまにはいいね

097.JPG
地理的には近いのにアクセス上遠い三軒茶屋。
カレー、ピザ、ハンバーガー等、来てみたい店がたくさんある。
「とんかつ 川善」も以前からマークしていた店だ。
たまたま昼に予定がないこの日、思い立って遠征することに。

066.JPG
東急線三軒茶屋駅から3分ほど歩いて店に行く。
事前情報通り、この店を運営する肉屋の2階に店がある。
開店時間の5分前に着くと、中年女性が店頭で開店を待っている。
その女性の後ろに立って待つ。

074.JPG
11時32分くらいに男性店員が出てきて暖簾がかかり、開店となる。
入店し、奥めの小さな2人用テーブル席に案内される。
15分後くらいに全24席はすべてうまり、階段に待ち客が並ぶ。
人気店、繁盛店と言える。

070.JPG

073.JPG
メニューを見る。
評判の高い生姜焼きや上ロースかつ重にも惹かれたが、
上ロースかつ定食1,500円をご飯少なめで注文する。

077.JPG
町中華のような表現で言う町とんかつなのだと思う。
遠くから食べに来る人を想定していない地域密着型の店だ。
このタイプのとんかつ店の特徴は、なんと言っても高温揚げだ。

079.JPG
卓上にはとんかつソース、ウスターソース、醤油、七味、和辛子に加え、
サウザンのような自家製ドレッシングが置かれている。

087.JPG
注文の10分後くらいから廉価なランチかつ定食が他の客の席に
先にどんどん運ばれるのを横目にジッと待っていると、
注文から15分ほどで定食が出来上がってくる。
漬物、豆腐とねぎの味噌汁がつく。
ご飯、キャベツ、味噌汁のおかわり、ご飯の大盛は有料のよう。

099.JPG
かつは肉の厚みが最大1.8pくらい、肉だけで200g程度のボリュームだ。
コロモの感じから、やはりにらんだ通り、
160〜170度くらいの高温で揚げられていると思う。

103.JPG
脂身はそれなりについている。

107.JPG
食べてみると、肉質はまずまず。
肉屋の経営だけはある。
赤身はやや噛み応えがあったが脂身は融点が低く旨味もあった。
高温揚げらしくコロモはカリッとした食感で、
醤油よりも、たっぷりの和辛子ととんかつソースがよく合った。

114.JPG
コロモがしっかりしているのでカツ重にしても美味そうだ。
いずれまた来ることがあったら上ロース重を食べてみたい。
こういう地域密着型、昔ながらの町とんかつ店もたまにはいい、
と思った。

川善とんかつ / 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 15:12| Comment(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。