2018年09月12日

エビスカレーワークス(大崎広小路)…牛スジカレーにダブルカツトッピング

020.JPG
五反田に新しくカレー専門店ができたと知ったのは二か月ほど前。
「行かなきゃ」と思いつつも、日が経つにつれすっかり忘れていた。
当てもなくランチ店を求めて西五反田界隈を徘徊していたこの日、
たまたまその「エビスカレーワークス」を見つけ、入ることにする。

010.JPG
開店時間の午前11時半、入口にはまだ“CLOSED”の札がかかっている。
ガラスドアから店内をのぞくと店員が気づき、店を開けてくれる。
券売機を見ると、カレーは牛スジ出汁煮込みカレー一種で、
これに数種のトッピングを選んで加えることができる。
牛スジ出汁煮込み名物カツカレー860円カツ200円の食券を買う。
大盛が無料となっているが、ルーのみ大盛も可能とのことなので、
ルーのみ大盛にしてもらう。

007.JPG
カウンターの一番端の席につく。
カウンター内では二人の若い女性店員が作業をしている。
もう一人、若い男性店員がいるようだが、
見えない奥の方の場所で別の作業をしているようだ。

023.JPG
女性店員に「辛くしてもらうことはできないんですか?」と聞くと、
「卓上のラー油を使っていただいているのですが、他のスパイスを出しますか?」
「できればお願いします。」
で、いわゆるチリパウダー、カイエンペッパーが出される。

012.JPG
卓上のラー油はいわゆる食べる辣油で、水分はあまりない。
砕かれたナッツ、松の実、フライドガーリック片などが入る。

017.JPG
注文から5分くらいで出来上がってくる。
ご飯がかなりの量に見える反面、ルー大盛の量は大したことがない。

021.JPG
そして、やはりカツが二枚のるのは壮観だ。

026.JPG
そのカツは肉の厚みが最大0.5p、肉だけで80〜90g程度の量だ。
高温で揚げられ厚めのコロモはしっかりと肉に貼りついている。
カレー屋のカツによく見られるフォルムと言える。

019.JPG
食べる。
カレーは和食の出汁と野菜の甘味が効いたマイルドな味、
とホームページには書かれているが、確かに優しい味だ。
辛さ、甘さ、酸味などが小さくまとまっているような感じだ。

042.JPG
フライドオニオン片が表面に浮かび、中には牛スジ片も認められる。
牛スジが溶け込んでカレーが舌にまとわる食感になっている。

030.JPG
やはり刺々しさやパンチが足りないので、チリパウダーを投入する。

040.JPG
一気にパンチが増す。
カレーにはっきりした味わいが生まれてカツと相性がよくなる。

035.JPG
更に、女性店員に言われるままに食べる辣油も投入する。
ガラッと味が変わる。
なんと言うか、チープな大陸系中華の味になったような・・・
際コーポレーションの店でカツカレーを食べているような気持ちになった。

045.JPG
現時点で面白さでは近隣のカレー店「うどん」にまったく敵わないが、
面白い店になっていく可能性は秘めていると思った。
店を出ると、若くてかわいい女性店員が店頭で呼び込みをしていて、
すぐにサラリーマンが数人吸い込まれていく様子が面白かった。

エビスカレーワークス 五反田店カレーライス / 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。