2018年09月20日

中国料理十番(池上)…煙草の煙が充満する中で美味い食い物なんてあるのか

047.JPG
今日も仕事で池上だ。
本門寺あたりまで足を延ばしてじっくりランチ店を探したいところだが、
あまり時間がなく、通りがかった店の前に立つ男性に呼び込まれるまま、
「中国料理十番」に入店する。

010.JPG
13時10分頃の入店で全26席の店内に先客は年配男性一人のみ。
しかし私の後にメタボサラリーマングループ、ガテン系グループ、
年配一人客などの入店が続き、10分ほどですべての卓がうまる。
なかなかの人気店だ。
入るタイミングが良かった、と、この時点では思う。

008.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

003.JPG
メニューを見る。
しょうが焼き炒めセット780円自家製焼きギョウザ5個600円を注文する。
セットのご飯は少なめでお願いする。

022.JPG
しばらくして、この店の人気の理由が分かる。
完全喫煙可なのだ。
隣席のメタボサラリーマン二人組の会話が聞こえてくる。
「この辺でタバコが吸える店、珍しいですよねえ。」
アンラッキーだとしか言いようがない。
満席の中、私以外のすべての客がタバコを吸い始める。
店内にはたちまちタバコの悪臭が漂い始め、煙で視界がかすみ出す。
自分の身体が煙で燻されてチャーシューやベーコンになってしまうのでは、
と思ったりする。

032.JPG
注文から6分でしょうが焼き定食が出てくる。
レタス、大根、水菜にごまドレッシングがかかったミニサラダ、
ラーメンの汁と思われるスープ、漬物の小皿がつく。

039.JPG
しょうが焼きは出てきた瞬間に中華の旨味調味料の香りが漂う。
脂身のついた豚小間肉が玉ねぎ、ニンジンと共に炒められている。

052.JPG
食べてみると、生姜の利きは良く、甘さも抑えめで、
まずまず美味い。

063.JPG
その6分後に焼き餃子が出来上がってくる。
一般的なものよりやや大きめな餃子が5個、皿に並ぶ。

066.JPG
同時に餃子専用ダレが出される。
見た目からかわさき餃子みそかと思ったので使用しなかった。

071.JPG
皮の背中が粗めに結ばれているところを見ると、
皮からしっかり店で作られているであろうことが想像がつく。

080.JPG
箸で半分に割ってみると、あんは肉が多めで春雨が入っている。
食べてみれば、肉汁が滴るということはなかったが、
厚めの皮と食べ応えのあるあんとのバランスがよく、美味かった。

001.JPG
会計の後、店員に、
「大きな病院の目の前にある店なのだから、昼くらいは禁煙にしたらどうか」
と苦言を呈した。
店員は薄ら笑いを浮かべるだけだった。
何の遠慮もなくタバコを吸い続ける客たちの強い視線を感じつつ、
店を後にした。

十番中華料理 / 池上駅蓮沼駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。