2018年09月29日

ラ エスキーナ(恵比寿)…接客の好感度が印象に残るメキシコ料理店

070.JPG
メキシコ料理、テクスメクス料理にハマって久しいが、
行ってみたいと思わさせられる店を見つけるのはなかなか難しい。
タイ料理やインド料理と比べ圧倒的に店の絶対数が少ないからだ。
今日は昨年2月オープンと比較的新しい「ラ エスキーナ」に行く。

014.JPG
予約の17時半に行くと先客は無く、夜の部の一番乗りとなる。

022.JPG
全38席の内、グループ客用の12席はハイテーブル、ハイチェア席で、
カウンターの4席もハイチェア席となっている。
我々は通常の高さのテーブル席に案内される。

015.JPG
壁にはルチャリプレのマスクマンのマスクが飾られる。

016.JPG
乾杯のドリンクは私も妻もグラスワイン白450円+税を注文する。

010.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

008.JPG

012.JPG

006.JPG
メニューはグランドメニュー、クラフトタコスメニュー、
黒板の日替りおすすめメニューで構成される。
ナチョスやファヒータ、トスターダスなどがあるので、
いわゆるテクスメクス料理の店ということになる。

027.JPG
さて、料理一品目は黒板メニューのスペシャルナチョス1,280円+税
クラシックナチョスとの違いはワカモレが盛られることだ。

029.JPG
チェダーチーズ、サルサ、チリコンカルネがふんだんに入り、美味い。
卓上のハバネロペッパーソースで辛さを加えて食べる。
不均一な形状のトルティーヤチップスのサクッとした食感もいい。

050.JPG
続いてメキシカンコブサラダ(ハーフ)980円+税が出る。
ハーフでもかなりのボリュームに見える。
生野菜にフリホレス、ひよこ豆、ブラックオリーヴ、ベーコン、
茹で卵、サルサ、チーズなどがたっぷり盛られる。

057.JPG
「混ぜて食べてください」という店員の指示を受け、がっちり混ぜる。
カイエンペッパーがかかり、サウザン風ドレッシングもいい。

061.JPG
ここで私も妻もフローズンマルガリータを680円+税を注文する。
他のメキシコ料理店よりも若干値段が安いが、
その分、フローズン部分の割合が少ない。
そして一般的なマルガリータより甘めの味だ。

069.JPG
メインはファヒータ、メキシコ産若姫牛150g2,380円+税を選択する。
トルティーヤが3枚つくが、もう一枚(100円+税)加えてもらう。
「テキーラでフランベしますので、カメラの準備をしてください。」
と男性店員に言われる。

073.JPG
強烈な炎が上がり、他の客の視線を一気に集める。
辛味の強いBBQソースがつく。

079.JPG
更にサルサ、ワカモレ、サワークリームの黄金トリオもつく。

095.JPG
これらをコーントルティーヤにのせ、

098.JPG
巻いて食べる。
ファヒータはそれほど何度も食べているわけではないが、
今まで食べたものの中でこれが一番美味い。
肉に噛み応えと肉肉しい味わいがあり、上手く調和していた。
随園別館の合菜戴帽、羽衣の牛大餅と同じレベルの楽しさを持つ料理だ。

004.JPG
会計は二人で8,290円。
料理はどれも美味かったが、加えて接客もとてもよかった。
フロアの若い美人の女性店員さんは、呼ぶと必ず、
胸がスカッとするような笑顔を浮かべながら近づいてくる。
他の男性の店員も皆、接客にとても好感が持てた。
フローズンマルガリータの甘さだけが気になった点だ。
また来たい。

ラ エスキーナメキシコ料理 / 恵比寿駅代官山駅広尾駅


夜総合点★★★☆☆ 3.8

posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 渋谷区 恵比寿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。