2018年10月15日

炉端バル さま田(秋葉原)…メディアに登場多数、話題のデカ盛り丼

172.JPG
ある日、TVで紹介されている丼に釘付けになる。
「炉端バル さま田」がランチで出す角煮かつ丼だ。
他に類のない独特な見た目にも惹かれるが、ボリュームもすごいらしい。
平日に時間を作り、JR秋葉原駅から迷いながら10分ほど歩いて店に行く。

151.JPG
開店時間の午前11時半より5分ほど早く着くと、
なんと、店の脇の路地に8人ほどの待ち客の列ができている。
私は9番目に並ぶ。

154.JPG
11時31分に店が開き、待ち客が順に収容される。
店内はすべてテーブル席で、私のような一人客は必ず相席になる。
客層は老若男女様々で、若い女性一人客もいた。
私が滞在した12時過ぎまでは完全に満席になることはなかった。

157.JPG
ランチメニューは5種だが、ほとんどの客が角煮かつ丼を注文する。
私も当然そうするのだが、角煮かつをダブルにするかどうかで悩む。
隣席の小太りの年配サラリーマン客が果敢にダブルを注文している。
勢いでとろとろ玉子の角煮かつ丼、角煮かつダブル950円を注文する。
「総重量700gくらいありますけど大丈夫ですか?」
と店員に怪訝そうに聞かれるが、ビビりながらも「はい」と応える。

158.JPG
後で調べると、店はいわゆる今どきの肉バルであり、
角煮かつは夜のメニューにないので、ランチ用に考案された品だろう。
豚角煮のとんかつはこれまで食べたことがないが、
浅草橋の藤芳などでメニューに載っているのを見たことがある。

160.JPG
注文から9分で出来上がってくる。
出てきた瞬間に息をのむボリュームだ。

164.JPG
150〜160gくらいの細長いかつが二本、ご飯の上に横たわり、
その上にプレーンオムレツがのっかっている。
総重量700gとのことだから、ご飯は並で400g近くあることになる。

175.JPG
オムレツを開いて、箸で角煮かつをちぎりながら食べる。
かつにはほんのり甘めの出汁ツユの味がついている。
ご飯にはそのツユはかかっておらず、全体に味は抑えめだ。
半熟の玉子とかつとご飯を一体にして食べる。

179.JPG
かつは脂身の部分は軟らかく箸で簡単にちぎれるが、
赤身の部分は繊維が強く、意外と食感も硬い。
美味かったが、どうしてもかつと玉子の一体感の無さが不満だった。
そういうものだから仕方ないのだけれど。

187.JPG
頑張ったが、無念にもすべてを食べきることはできなかった。
店員に謝りながら会計をお願いしたが、無言で釣りを渡され、
帰り際に「ありがとうございます」も言われずに店を出ることとなった。
少々後ろめたさを感じながら、秋葉原駅を目指して歩いた。

炉端バル さま田バル・バール / 岩本町駅秋葉原駅浅草橋駅


昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。