2018年10月16日

かつや(新横浜)…オーソドックスなかつ丼を食べたかったので

010.JPG
昨日秋葉原で、メディアで紹介されて話題の角煮かつ丼を食べた。
美味しかったが、あくまで変化球のかつ丼であって、
あらためて、かつ丼はかつと玉子が一体でなくてはいけない、と思った。
そんなわけで、オーソドックスなかつ丼を求め、久々にかつやに行く。

002.JPG
新横浜キュービックプラザの店に12時頃行くと店頭に5人ほどの列がある。
列の後ろについて待つと、10分ほどで店内に導かれる。
4人用テーブルに中年男性一人客と相席となる。
席につくや、メニューも見ずに、
カツ丼(松)850円+税とん汁(大)160円+税を注文する。

005.JPG
注文から1分くらいで出来上がってくる。
ピーク時はある程度、かつ煮の状態で作り置きしているのかもしれない。
とん汁(大)の器がデカくてびっくりする。

014.JPG
丼の表面に80gのかつが二枚、部分的に重なって並べられる。
一枚の方にたっぷりと玉子がかぶさっている。
三年前に長津田店で食べた時は二枚が完全に重なっていたが、
今のこのカツ丼(松)の方が断然見映えがいい。
味も辛すぎず甘すぎず、よい意味で万人向けの安定の味だ。

019.JPG
とん汁は豚バラ薄切り肉がたっぷり入り、味はあっさりめ。
もうちょっと野菜を煮ている感があってほしいと思った。

025.JPG
さて、私はとんかつ屋に行ってかつ丼を食べることはほとんどない。
チェーン店以外では勝漫とん㐂くらいでしか経験がない。
因みに勝漫やとん㐂では普通のロースかつも食べたことがあるが、
良くも悪くも、圧倒的にかつ丼を食べた方が満足感が高い。

ふとかつ丼が食べたくなった時、ここに行こう、と思い浮かぶ店がない。
かつ丼ならこの店、と思う店がないのだ。
だからかつ丼を食べたくなったら、
かつやに行くか、さぼてんや和幸の弁当を買うことが多い。
かつ丼は本格派の店でなくても、
それなりに満足感が得れると思ってしまうのだ。

026.JPG
12時台のキュービックプラザ内の企業系飲食店街には、
思ったほどの混雑はない。
どの店もちょっと並べばすぐに食事ができる。
ブログをやっていると企業系店、チェーン店は敬遠しがちだが、
見直すべき店もあるかもしれない。

かつや キュービックプラザ新横浜店とんかつ / 新横浜駅


昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。