2018年10月20日

山利喜 新館(森下)…念願の老舗居酒屋へ

026.JPG
かねてより行ってみたいと思っていた森下の山利喜
大正14年創業、都内有数の老舗居酒屋だ。
至近距離に本館と新館があるが、新館は土曜日も予約できる。
1ヶ月近く前に電話で予約し、土曜の17時過ぎに店に行く。

011.JPG
入店して名前を告げると、すぐに2階フロアに上がるよう指示され、
女性店員にやや広めのテーブル席に案内される。
開店から10分くらいしかたっていないが、
2階フロアのテーブル席はすでにほぼうまっている。

021.JPG

043.JPG
まずはドリンクを選ぶ。
ワインに合うと評判の煮込みを最初に食べたいから、

022.JPG
私も妻もグラスワイン泡620円でスタートだ。
スパークリングながら普通のワイングラスで出る。
量がたっぷりでうれしい。

016.JPG
お通しはソース味のレバカツ。
妻はレバーを食べられないので私が二人分を食べる。
因みにお通しは一人280円だ。

007.JPG
食べ物はグランドメニュー以外に壁に掲示された品もある。

017.JPG
この日の刺身は白板に記載される。

035.JPG
さて、料理一品目は評判の煮込み玉子入り650円だ。
牛シロ、牛ギアラのみが入り、香味野菜や赤ワインなどと煮込まれている。
巷間のビストロで出る洋風煮込みに大きな影響を与えている品と言える。

037.JPG
もちろんガーリックトースト300円もあわせて注文する。
これに煮込みソースを浸し、脂身たっぷりのもつをのせて食べる。
これだけずっと食べていたいくらい、評判通りの美味さだ。

051.JPG
続いてはポテトチーズ焼650円が出てくる。
ベシャメルソースとジャガイモが入り、チーズ焼きされている。
いわゆるビストロでよく出るグラタン・ドフィノワである。

045.JPG
ここで日本酒へ。冷酒は片口で出される。
佐賀の七田ひやおろし、山口の長陽福娘ひやおろし、と飲み進む。

059.JPG

062.JPG
三品目は秋野菜の天プラ800円が出てくる。
レンコン、春菊、舞茸はいいが、
ジャガイモの細切りはハンバーガーにつくポテトのようで寂しかった。

069.JPG
ローズソルトが出され、それをつけて食べる。

074.JPG
続いてはカツオのたたき900円

085.JPG
そして妻の強い要望で注文した栗のオーブン焼きタイムの香り600円

090.JPG
ちょっとスープがほしいね、ってことでフォー入り鶏スープ350円が出る。
出て来てみるとパクチーがどっさり入り、妻が苦手なので、
まずパクチーだけを私がむしゃむしゃと食べる。

096.JPG
パクチーの下にはフォーと豆腐、レモンが入る。

088.JPG
妻に「ヒレ酒って飲んだことある?」と聞くと、
「ない。」
じゃあ初体験に、ととらふぐひれ酒750円を注文する。

092.JPG
マッチで表面に火をつけ、すぐに蓋を閉じる。
いったい何の効果があるのかは全く分からないが、儀式のようにやる。

001.JPG
この日の会計は二人で8,985円。
二時間近い滞在、フロアに喫煙者がまったくおらず居心地が良かった。
旬のものがメニューに並ぶので、冬にまた来てみよう。

山利喜 新館居酒屋 / 森下駅清澄白河駅菊川駅


夜総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。