2018年10月24日

銀座スイス(銀座)…二種のカツサンドをテイクアウト

073.JPG
久々に朝からメシ抜きの働きづめで、気がつけば京橋にて夕方18時。
正直、空腹を通り越してしまって何も食べたいと思わない。
パンでも買って帰ろうか、と思った時、ふと思い出す。
銀座スイスのテイクアウト商品に気になるカツサンドがあることを。
すぐに電話し、30分後に店に行って受け取り、家に持ち帰る。

006.JPG
二種のカツサンドを購入した。
妻とそれぞれを半分ずつ分けて食べることにする。

012.JPG
一つはフィレカツカレーサンド1,500円+税である。
銀座スイスがカツカレー発祥の店と自称していることは有名だ。
浅草の河金も自称しているが、本当のことはよく分からない。
多分どちらの店も、他を真似ることなく始めたのだろう。

023.JPG
ともかく銀座スイスの看板メニューはカツカレーであって、
その店が作るカツカレーサンドなんて気になるに決まっている。

028.JPG
ヒレカツがカレー味のソースに漬け込まれた後、
軽くトーストされたパンに挟まる。

034.JPG
片側に粗千切りキャベツが入る。
カツサンドにはキャベツが入るものとそうでないものがあるが、
私は断然キャベツが入る方が好きだ。

058.JPG
肉が冷たくても軟らかく、美味い。
カツサンドは一般的にヒレ肉の方が美味いとされているのだろうが、
脂身のあるロースのカツでも試すことができたら、なんて思った。

018.JPG
もう一つは銀座牛カツサンド1,400円+税
こちらは見るからに銀座の洋食店の品という見映えだ。

042.JPG
1.5pほどの厚みの牛かつはオーソドックスなソースに浸り、
やはり片側にキャベツが入り、軽くトーストされたパンに挟まる。

043.JPG
カツカレーサンドと違い、
キャベツについたマヨネーズ味が全体に効いている。

048.JPG
肉は牛だけあって噛み応えがあるが、その分旨味もある。

003.JPG
私はカツカレーサンドの方が好みだったが、
妻は牛カツサンドの方が美味かったと言っていた。
普段食べているパン屋の庶民的なカツサンドもそれなりの良さがあるが、
銀座の洋食店のカツサンドもたまにはいい。

銀座スイス洋食 / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅


夜総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 20:00| Comment(0) | 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。