2018年11月08日

ごちそうさま(平塚)…魚介類無き湘南の恵みビュッフェ

031.JPG
食い意地が張っているので、
そんなに量を食えもしないのに食べ放題、ビュッフェが好きだ。
そして店を出るときにたいてい後悔する。
今日も性懲りもなくららぽーと湘南平塚の1階レストラン街にある、
“湘南の恵み”をウリにした終日ビュッフェ営業店「ごちそうさま」に行く。

060.JPG
午前11時半の入店で全182席の広い店内はガラガラ。
平日の午前でレストラン街自体の人通りも少ないから仕方ない。
尚、平日昼の料金は大人一人1,499円+税だ。
ドリンクバーは249円+税だが、もちろん注文しなかった。

009.JPG
さっそくビュッフェ台に行く。
サラダコーナーにはレタス、水菜、きゅうりなどの生野菜類に、
マカロニサラダ、海藻類、ニンジン、パプリカの酢漬けなど・・・

007.JPG
おかず類は鯖の幽庵焼き、鶏肉の山椒焼き、鶏のから揚げ、筑前煮、
麻婆豆腐、きのこ鍋、肉焼売、野菜の天ぷらなど。
そして主食類はペペロンチーノ、ドリア、焼きうどん、白飯、
カレー、ぶっかけうどんなどが並ぶ。

一般的な郊外ショッピングセンターのビュッフェ店と内容は変わらない。
湘南の恵みだなんていうから刺身の一つもあるかと思ったが・・・
魚介類と言えるものは鯖の幽庵焼きだけだ。

018.JPG
心の中でぶつくさ文句を言いながらも料理を取る。

021.JPG
おかず類はいずれもやっつけ感満点の業務用惣菜だったが、
麻婆豆腐は見た目に反してややピリッと辛くて美味かった。

026.JPG
野菜の天ぷらには塩と天つゆが用意されていたが、
ぶっかけうどんと組み合わせて食べるといいかもしれないと思った。

028.JPG
お椀には玉子スープ、玉ねぎの味噌汁、カレーを取った。
カレーはまさに業務用カレー粉使用の平板な味で、ほとんど残した。

この後取ったものは以下の通り。

041.JPG
牛肉と野菜の卵とじ…鯖の幽庵焼きと入れ替わりで出てきた。

044.JPG
焼きうどん…取らなければよかった。

046.JPG
ナポリタン…ケチャップ味でなくトマトソース味だった。

049.JPG
ぶっかけうどん…これが一番まともだったか。

051.JPG
揚げ餃子、青海苔入り揚げ焼売…子供が喜びそう

062.JPG
パングラタン…細長いものはマカロニかと思ったらじゃがいもだった。

003.JPG
全体的な料理の質も低ければ看板というべき品もない。
ああ、どうして俺はいつもこんな店に釣られるのだろう・・・
今日も激しく後悔しながら席を立ち、店を出ることとなった。
食べ放題・ビュッフェで満足したのなんて、いつのことだっただろう。
御徒町の大地の贈り物や銀座のバンコクキッチン、青山のモンテアスルなど、
かつて満足した店も今行けばそうも感じないのかもしれない。
食い意地を改めなければいけない。

ごちそうさま ららぽーと湘南平塚店バイキング / 平塚駅


昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。