2018年11月09日

カレー屋 花一(新橋)…大衆カレースタンドよ永遠なれ

046.JPG
小雨降る中、新橋から虎ノ門方面に歩く。
ひと仕事終えたら溜池で焼鳥丼かな、なんて思いながら。
しかし、ふと通りがかった店から漂うカレーの香りに足が止まる。
時間はまだ午前10時45分、ずいぶん早いな・・・でもいいか。
香りに負け、「カレー屋 花一」に入る。

004.JPG
入ることに決めたのは香り加え、値段が安そうだったこともある。
店頭のメニューを見るとカツカレーが520円、
もう一枚カツをのせても900円。
今どき立ち食いそば屋でもトッピングなしのカレーが500円くらいするから、
なかなか良心的な価格だと言える。

008.JPG
入店し、券売機でロースカツカレー520円ロースカツ380円に、
ルーのみ大盛150円の食券を買い、女性店員に渡す。

019.JPG
カウンターのみ全9席の店内に先客は男性一人客が2人。
しかし後で調べれば12時台は外待ちの列ができるのだそうだ。
店は個人店のようで、男性と女性の二人の店員で切り盛りされる。

014.JPG
卓上には辛味スパイス、福神漬、ソースが置かれる。

021.JPG
注文から6分で出来上がってくる。
全体的なボリュームはさほどでなく、ルーも大盛でもそれほど多くない。

036.JPG
カツは肉の厚みが8oほど、肉だけで1枚60〜70g程度と思われる。
二枚乗っていてもそれほど量的なインパクトは感じない。
目の細かいコロモはしっかりと肉に貼りついている。

030.JPG
食べてみるとカレーは具がないタイプで粘度はあまりない。
オーソドックスな味に感じるが欧風寄りでも家庭風でもない。
なかなか美味い庶民派カレースタンドのカレー、と言うほか表現がない。

055.JPG
甘さ、辛さをしっかり感じるので、カツともよく合う。

042.JPG
しかし、もうワンパンチほしいと感じ、辛味スパイスを大量投入する。
辛味スパイスは一般的なカイエンペッパーだ。
この変化にも十分耐えられるカレーだった。

003.JPG
“スパイスカレー”なるものが流行って久しい。
一方でこの店のような庶民派カレースタンドは影が薄くなっている。
多くの立ち食いそば屋がカレーを出すようになったこともあるだろう。
カレーの多様化、先鋭化の波にのまれずに、
昔ながらのオーソドックスなカレーの良さを残してほしいものだ。

花一カレーライス / 新橋駅内幸町駅虎ノ門駅


昼総合点★★★☆☆ 3.5


posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。