2018年11月16日

星華園(上星川)…特製チャーハンはカレー味

065.JPG
会社の後輩で横浜市内在住歴20年のM君とチャーハン談義になる。
しっとりかパラパラか、ナルトが入ることの是非などなど。
当然どこの店の炒飯が美味いかという話に至るわけだが、
M君が「ぜひ一度食べてほしい」と強く勧めてきたのが、
相鉄線上星川駅近くにある「星華園」の特製チャーハンである。

080.JPG
事前に調べて開店時間の情報がなかったため、平日午前11時に店に行くが、
11時半開店と知り、やむを得ず付近を散歩して11時半に再び店に行く。
するとカウンターのみ16席の店内に既に3人の男性一人客が座っている。

012.JPG

014.JPG

017.JPG
奥めの席に座りメニューを見る。
ほぼ迷うことなく特製チャーハン860円餃子490円を注文する。

020.JPG
店はご夫婦と思われる年配の男女二人で切り盛りされている。
外観も内観も年季を感じさせ、店内には北島三郎のポスターが飾られている。
正直言って美味いチャーハンが出てきそうな空気はまったくない。

021.JPG
注文から6分くらいでタクアンと奴が出てくる。
もちろんサービスで、お通し代等は取られない。

024.JPG
その2分後に餃子が出来上がってくる。

031.JPG
標準より若干大きめのものが6個、皿に並んでいる。

037.JPG
自家製と思われる皮は厚めでもちっとしていい食感だ。
あんはキャベツ、ニラの野菜多めでニンニクもしっかり利いている。
オーソドックスながら好みのタイプの餃子だ。

042.JPG
注文から13分で白菜と豚挽肉が入った味噌汁が出てくる。

052.JPG
そしてその1分後に特製チャーハンが出来上がってくる。

061.JPG
画像からは分かりにくいかもしれないが、なかなかのボリュームだ。

076.JPG
食べる。
チャーハンは具が卵とネギだけとシンプルで塩味も軽め。

071.JPG
あんは具が細切りの豚肉と小松菜で片栗粉でしっかりとじられている。
味わいはと言えばカレー味だ。
ただし保昌的なしっかりしたカレーでなく、
中華のうま煮にカレー粉が補助的に加わっているような感じだ。
美味い。
糖質制限を忘れて一気に食べてしまう。

006.JPG
神奈川県には名物と語られるチャーハンがいくつかある。
井土ヶ谷のチャイナ飯店の鶏肉炒飯、川崎の新世のチキンチャーハン、
中華街なら東光飯店のあんかけチャーハンに翡翠楼の翡翠チャーハン、
接筵の元祖スープチャーハンに清風楼の2,000円の特チャーハン・・・
この特製チャーハンも名物に列せられるべき価値が十分あると思った。
店の二人もとても感じがよく、また来たいと思った。

星華園中華料理 / 上星川駅和田町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


posted by こここ at 13:51| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。