2018年11月17日

銀座テルミニ(東銀座)…冬近し、気分は熱々グラタン

067.JPG
一気に寒くなってきた。
街では早くもダウンジャケットを着ている人を見かけたりする。
おでんや鍋、グラタンが恋しい季節になってきた。
土曜の今日の晩は二ヶ月ぶりの「銀座テルミニ」である。

013.JPG
いろいろトラブルがあって待ち合わせの17時半に妻が店に来ない。

018.JPG
やむを得ずグラススパークリングとオリーブ500円を注文し、
妻が来るのを待つことにする。
厨房の〇林君が気を遣って席まで話しかけに来てくれる。
たまにはこういうのもいいかな、なんて思ったりする。

006.JPG
メニューからさんまのスパゲティが消え、冬仕様になっている。
グラススパークリングを追加しつつ、注文の組み立てを考える。

022.JPG
40分ほど遅れて妻が到着し、地下のせせらぎでワインを選ぶ。
過去にも飲んだことのある「TRE ICONE」という南イタリアの赤だ。
アブルッツォ、プーリア、シチリアの三つの州で獲れた葡萄をブレンドし、
ばっちりと樽を利かせた飲みごたえ満点の一本だ。

030.JPG
さて、料理一品目は生ハムといちじくのサラダ1,150円

031.JPG
同時に峰屋製のバケットが出てくる。
もの凄く美味いがおかわりしない。

038.JPG
続いてはメインの鶏のポルチーニクリーム煮込み2,280円

044.JPG
ナイフを入れるとほろほろと簡単に崩れるほど軟らかく煮込まれている。
独特の酸味とコクのポルチーニクリームソースは美味すぎる。
優勝力士の盃みたいに両手で皿を持ってソースをごくごく飲みたいくらいだ。

063.JPG
〆はカキと白子のペンネグラタン1,700円である。
妻が来る前に〇林君に、
「カキの代わりにキノコを入れて作れるか」なんて相談していたのだが、
結局カキで作ってもらった。

049.JPG
カキは大粒が4つ入り、白子もふんだんに入る。
ベシャメルの味わいもとてもいい。
しかし、樽の効いた赤ワインには絶対に合わない。
相変わらずのバカ舌夫婦だ。
店長さんが、そりゃ合わなかろうと水を出してくれる。

005.JPG
年内に友人たちともう一回きて、妻とは正月一発目に来る予定だ。
とても長い付き合いになってきた。
妻が来るまでの間に一人で飲んでいて、
何とも言えない居心地の良さを感じた。

テルミニイタリアン / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅


夜総合点★★★★ 4.5



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。