2018年11月27日

HONEY BEE(汐入)…観光客向けローCPバーガー店

020.JPG
私はプレミアムバーガーの本場は横須賀だと思っていた。
だから横須賀で最も評判のいい「HONEY BEE」に行った。
結論を言えば、横須賀のハンバーガーは、
短絡的な観光客誘致のための村おこしの粗悪なダシに過ぎなかった。

004.JPG
京急線汐入駅から10分ほど歩いて店に着いたのはちょうど昼の12時。
4人用テーブル席が2卓あるがそこには客を全く入れておらず、
グループ客でもカウンター席に入れられている。
先客は8人ほどで、その内3人は観光客風の外国人だ。

001.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

006.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カウンター席に座り、メニューを見る。
後から考えれば、ネイビーバーガーとクラシックバーガーの違いを、
この段階で店員によく聞いておけばよかったのかもしれない。
メニューを見ただけではそれはまったく分からない。
クラシックバーガーのカテゴリーの中から、
ダブルチーズバーガー1,530円+税とトッピングベーコン300円+税を注文する。

010.JPG
カウンター越しに男性店員の作業を眺める。

015.JPG
鉄板で大ぶりなパティ1枚と小ぶりなパティ2枚が焼かれている。
その二種のパティはだいぶ大きさが違う。
私はダブルチーズバーガーを注文しているから、
どう考えても小ぶりなパティの方が私のハンバーガーに使用されるものだ。
バンズも大ぶりなものと小ぶりなものが焼かれている。

023.JPG
ここであらためてメニューを見ると、ネイビーバーガーメニューを見つける。
これを注文しなければならなかったのだ。
しかしこちらのダブルバーガーは単品で2,800円+税もする。

017.JPG
注文から10分で出来上がってくる。
ガッカリするような貧弱なフォルムだ。
質はともかく量だけなら390円のビッグマックと変わらないのではないか。
しかもドリンクもサイドのポテトも何もつかない。
これで2,000円近くも取るとはいい根性してるとしか言いようがない。

025.JPG
ベーコンはスモーキーな香りがあり厚みもそこそこある。

027.JPG
小ぶりのパティ1枚に対しスライスチェダーが1枚ずつ入っている。

030.JPG
包み紙もないしナイフもフォークも箸も出てこない。
だから直接手づかみで食べるしかない。
まあ十分手づかみできるほど全体が小ぶりなのだが・・・
但し隣席の、ネイビーバーガーを注文した女性にも包み紙等は出されず、
その女性も手づかみで食べていた。

034.JPG
食べてみれば肉汁が滴ることもなく、包み紙が必要ないわけだ、と思った。
一番カサがあるレタスが一番味の主張をしていた。

037.JPG
MUNCH'Sロコフィで立て続けに上質のハンバーガーを食べて、
すっかり気分が盛り上がって横須賀に行ってみたが、本当に失望した。
観光地で名物と称する料理を、明らかに見合わない料金を払って食べた経験は
これまでも何度もあるが、引っかかる方が悪いということなのか。
一番評判のいい店がこれだから、近隣の同業店も知れていると思ってしまう。
上記二店で芽生えたハンバーガー熱が冷めていきそうで寂しい。

ハニービーハンバーガー / 汐入駅横須賀中央駅


昼総合点☆☆☆☆ 1.8


ラベル:ハンバーガー
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。