2018年12月02日

ジャンカデリック(中目黒)…俺のテクスメクス

059.JPG
2018年はメキシコ料理、テクス・メクス料理にハマった一年だった。
何店か良店に出会えたが、その中でお気に入りはと問われれば、
3月の初訪問以来既に3回行っているジャンカデリック」になるだろう。
日曜の夕方、通算4度目の訪問をする。

013.JPG
東急東横線祐天寺駅から7〜8分歩いて17時半頃に店に着く。
5分ほど遅れて妻も到着する。
この日は予約で一杯だとかで、とても狭い席に案内される。
一ヶ月も前に予約しているのにこんな貧乏席とは・・・

019.JPG
12月なのでフローズンマルガリータは控え、赤ワインを飲むことにする。
カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨンで、
ボトルで2,800円の割に樽が効いて飲みごたえがあった。

009.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

010.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

022.JPG
この日の料理一品目はベジタブルナチョス1,000円が出てくる。
フリホーレス・レフリトスの上にトルティーヤチップスが敷かれ、
ズッキーニ、カボチャ、ジャガイモなどがチーズに隠れている。
ワカモレ、サルサ、サワークリームが上にのる。
美味かったが、いつものシーフードナチョスの方が断然好みだ。

034.JPG
ハバネロソースとハラペーニョソースを駆使して食べる。

038.JPG
二品目はビーンズサラダ535円
ワインのつまみになるサラダだ。
ハラペーニョソースを足すと断然美味くなる。

044.JPG
メインはビーフファヒータス1,920円を選択する。

062.JPG
トルティーヤはフラワー(小麦粉)を指定したが品切れとのことで、
コーン(トウモロコシ粉)トルティーヤとなった。

055.JPG
短冊状にカットされた牛肉と玉ねぎ、ピーマン、パプリカが炒められ、
メキシカンライスとフリホーレス・レフリトスが添えられる。
ワカモレ、サワークリーム、サルサが入った小カップがつく。

070.JPG
これをコーントルティーヤに巻く。
もちろんハラペーニョソース、ハバネロソースをたっぷり加える。

075.JPG
食べてみれば、美味くないわけがない。
クレープ巻的な料理は中華の北京ダックや合菜戴帽、トルコのケバブ巻き、
ベトナム、タイの生春巻などが思い浮かぶが、
決して負けていない。

005.JPG
最近は印ネパ料理店などが思いつきで安易にメキシコ風料理を出したりして、
誤った解釈や間違った品名のインチキ料理を目にすることが多い。
それだけメキシコ料理、テクス・メクス料理の人気が上がっているのだろう。
いい食事をするには一定の知識が必要な時代になっていると思わさせられる。
この日の会計は二人で6,255円。
次は予約の際に席を指定して行きたい。

ジャンカデリックメキシコ料理 / 祐天寺駅中目黒駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 目黒区 目黒、中目黒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。