2018年12月12日

とんかつ大學(大森)…フードコートの廉価とんかつ定食

019.JPG
前夜にちょっとワインを飲みすぎて二日酔い気味の平日午前、
本や卓上カレンダーなどを買おうと大森のイトーヨーカドーに行く。
買い物を終え、興味本位で3階のフードコートをのぞくと、
とんかつ大學」なる企業系風のとんかつ店が目に入る。
何故か二日酔いの時って無性に油ものが食べたくなり、後で後悔する。
この時も性懲りもなく、そのとんかつ店に行くことになるわけである。

004.JPG
午前11時25分頃で全413席のフードコートは客もまばらだ。
休日の昼のピーク時は席の確保が難しいほど混むらしいが・・・

005.JPG
店頭のメニューを見る。
とんかつ、鶏唐揚げ、海老フライの定食と丼のラインナップで、
揚物でない料理やカレーはない。
豚肉は三元豚で生のパン粉を使用し160度の油で揚げると表示されている。
HPを見てもその三元豚がどこの土地、牧場のものなのかは分からない。
Wロースかつ定食990円+税から揚げ90円+税2個注文する。

011.JPG
呼び出しベルを渡され、テーブル席に座って待つ。

002.JPG
当店は首都圏のショッピングセンターばかりに5店舗を展開している。
経営はリンガーハット傘下の浜勝株式会社が行っているようで、
とんかつチェーン濱かつのフードコート専用業態になるのかもしれない。

015.JPG
注文から11分でベルが鳴り、取りに行く。
膳にはご飯、わかめと豆腐の味噌汁、イカの塩辛、小袋の洋芥子がつく。
ソース、醤油、マヨネーズ等は受け取りカウンターの横に置かれていて、
受け取り時に小皿に取ったり料理に直接掛けたりしなければならない。

026.JPG
ロースかつは2枚重なって千切りキャベツの山にもたれかかる。

034.JPG
肉の厚みは最大で1pちょっと、肉だけで1枚120〜130g程度の量だ。
コロモは目が粗く厚めで、糖度の高いパン粉を使用していそうだ。

039.JPG
食べる。
肉の繊維があばれている断面から察せられたが、赤身はパサついている。
脂身は端っこの片に少々ついているが、甘みは感じない。
まあ値段が値段だから過大な期待はしていないし、がっかりもしない。

045.JPG
正直言ってロースかつ定食として食べるのは厳しいかつだ。
かつ丼やカツカレーにして食べるのに向いていると思った。
ソースと芥子べったりで食べた。

051.JPG
から揚げは片栗粉のコロモがついてサクッとしてまずまずだった。
この店ではかつ丼かから揚げ定食の選択がいいかもしれない。

008.JPG
やはり二日酔いにWロースかつはきつく、いつも通り後悔した。
二日酔いでない平常時でもとんかつを食べるのがきつくなっている。
寄る年波に勝てないことを自覚しつつ、
まるまる1枚ロースかつが残った膳を返却口に持っていき、
フードコートを後にした。

とんかつ大學 イトーヨーカドー大森店とんかつ / 大森海岸駅大森駅平和島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。