2018年12月22日

ジジーノ(東銀座)…クリスマス連休の土曜日は炭火で焼かれよう

050.JPG
クリスマス三連休初日の土曜は半年ぶりに「ジジーノ」へ。

010.JPG
久しぶり過ぎるから店員さんたちが冷たく感じるのは気のせいか。
まずはいつも通り地下のせせらぎでワインを選ぶ。
この日は飲み応えバツグン、ハイCPでお気に入りの、
南イタリアのブレンドワインTRE ICONE(トレ・イコーネ)を選択する。

008.JPG

006.JPG
カウンター席に座り、メニューを見る。

014.JPG
カウンター上部に掲示されたスペシャルメニューには
赤カンガルーの炭火焼きがある。
興味はあるが、クセが強そうで妻には難しいだろう。

018.JPG
お通しは炭火焼された白身魚の身とニンジン。
魚は何だったか失念した。

023.JPG
さて、料理一品目は
尾崎牛千本筋・リンゴのコンポート・ゴルゴンゾーラのサラダ980円
千本筋は左右の外もも肉のハバキ(付け根にある筋肉)の中に1本づつある
希少部位のようで、スジがたくさん入り組んでいる肉なのだそう。
コラーゲンが豊富で、テリーヌに入っていそうな感じの味わいだ。

032.JPG
続いては野菜焼き盛り合わせ二人前1,360円、6品が二回に分けて出る。
先の三品はサンマルツァーノ、レンコン、肉巻き甘長唐辛子だ。
私はこの肉巻き甘長唐辛子が大好物なのだ。

034.JPG
後の3品は金時人参、大根、マコモダケである。
他の客に出される野菜盛りと内容が違うので、
素材選びは髭のシェフの気まぐれなのだろう。

039.JPG
メインの前にいつも通り口直し用の千切りキャベツが出る。
本来は肉を食べた後の口直し用なのだと思うが、いつも先に食べてしまう。

044.JPG
メインは山形県産赤まろ和牛姫(シンタマ)150g2,580円が出る。
赤身肉で弾力があり、噛みしめるとギュッと旨味が口の中に広がる。
肉好きにはたまらない品だろうと思う。
ルッコラ、ニンニクチップ、ワサビと一緒に食べる。

059.JPG
〆には久々に髭のシェフのトリュフのカルボナーラを1,550円を注文する。
パンチェッタが使われ、パルミジャーノ・レッジャーノがこれでもかと入る。

074.JPG
パスタは標準的な太さのスパゲティで、ソースがよく持ち上がる。
生クリームが使われていそうだが、変な甘みや酸味はまったくない。
チーズはパルミジャーノのみだそうだ。
さすがだ。
髭のシェフのパスタは相変わらず美味い。

004.JPG
この日の会計は二人で11,050円。
心地よい満足感で店を後にし、
「来年はもうちょっとジジーノにも来ようね」なんて妻と言いながら、
地下鉄東銀座駅を目指した。

ブラーチェ・エ・ヴィーノ・ジジーノバル・バール / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

夜総合点★★★★ 4.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。