2018年12月23日

銀座アスターデリカショップの焼きそば初体験

085.JPG
「今日は友達の家に遊びに行って遅くなるから適当に食事しといてね。」
クリスマス三連休の中日の昼前、妻はいそいそと出かけていく。
一人で銀座に出てちょっとした買い物をした後、外食も考えたが、
有馬記念を家で見たいと思い、松屋銀座地下の食品売り場へ行き、
銀座アスターデリカショップで焼きそば二人分と餃子を買って帰宅する。

095.JPG
ブラストワンピースの勝利を見届けた後、包みを開く。

103.JPG
焼きそばは二つの容器が重なっていて、
上にあんかけのあんが、下にそばが入る。
購入時に店員から、「蓋だけラップに替えてレンジで温めてください。」
と言われていたので、その通りに容器を重ねたままレンジに入れる。

105.JPG
加熱後、まずそば二人分を大皿に敷く。

108.JPG
焼き目のカリッとした細いそばは銀座アスターの焼きそばのキモと言える。

116.JPG
これに上からあん二人分をかける。

118.JPG
餃子も含めて完成したが、どうも焼きそばがしっかり加熱されていない。
そこで焼きそばのみ、ラップして再度レンジで温める。

135.JPG
その間、しっかり温まっている餃子を先に食べる。

141.JPG
銀座アスターの餃子はもともと大ぶりで皮も厚くて好きなのだが、
やはりレンジで温めると全体がしなっとして、本来の食感を楽しめない。
味としてはまずまずなので、まあ仕方ない。
因みに値段は4コ入りで648円だ。

128.JPG
さて、焼きそばの再加熱が終わる。
ここでなんとなく見た目に違和感を感じる。

133.JPG
よく見ると、レストランの焼きそばと具が微妙に違うのだ。
レストランの方に入る椎茸、しめじ、フクロダケが入らず、
その代わりにレストランの方には入らない木耳、ニンジンが加わる。
共通の具はキャベツ、ねぎ、小松菜、豚バラ薄切り肉、海老、タケノコ、

161.JPG
そして昔ながらの赤い叉焼である。
たまたまかもしれないが、レストランのものより脂身が多いように感じる。

150.JPG
食べる。
なんとかそばのパリパリ感は残っている。
しかし、仕方ないのだが、野菜はしんなりしてしまい、
レストランのようなキャベツのシャキッとした食感は感じられない。
また、再加熱により野菜の甘味が全体に強く出てしまっている。
そもそも銀座アスターの焼きそばは塩味が薄いので、尚更そう感じるのだろう。

148.JPG
私は30年以上も銀座アスターの焼きそばに親しんできたが、
その30年の間に価格はどんどん上がり、今や大盛にすると2,000円を超える。
デリの焼きそばなら一つ972円、二人前買っても2,000円を切る。
これでレストランの味を再現出来たら、と思っていたが、やはり難しかった。
まあ、一度経験してみたいと思っていたから、後悔はしていない。

銀座アスター デリカショップ 松屋銀座店デリカテッセン / 銀座一丁目駅銀座駅東銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 18:00| Comment(0) | 家でごはん 弁当・デリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。