2018年12月31日

2018年のベストテン

028.JPG
2018年に食べたもの飲んだもののベストテンを発表します。

046.JPG
1位 「肉焼家 琉庵」の焼肉食べ放題丼(食べ放題価格1,100円)
タレのかかったご飯にタレ焼きの肉をのせて食べる幸せ・・・
肉は若干焦げるくらいまで焼く方が香ばしくて美味かった。

ジャンカデリック
2位 「ジャンカデリック」のシーフードナチョス(L)1,280円
メキシコ料理にハマった一年だったが、中でもこの店には4回も行った。
初訪問時、最初に出てきたこの品にいきなりノックアウトされた。

065.JPG
3位 「Bangera's Kitchen」のマンガロールビリヤニ(カジキマグロ)1,820円+税
恐らく現在、最高の南インド料理を供する店。
しかしオペレーションと接客は最低だった。

070.JPG
4位 「中華 成喜」の広東麺756円
私がこれまで出会った町中華ではナンバーワンの店といっていい。
“ウマニ系”料理が絶品で、是非次回は八宝菜を食べてみたい。

105.JPG
5位 「イムアロイ」のパッキーマオ・タレ―1,200円+税
生センヤイが使われプリックタイオーン(生胡椒)が入る本格派。
生センヤイのパッキーマオを食べられるのならどこまでも遠征したい。

065.JPG
6位 「星華園」の特製チャーハン860円
細切り豚肉と青菜のあんはカレー味。
それにしても上星川駅はホントーに遠かった。

025.JPG
7位 「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」の嬉嬉豚ねむるぶたおふトンとんかつ定食1,600円
2018年マイとんかつオブザイヤーだ。
と言っても、今年は寄る年波に勝てず、あまりとんかつを食べられなかった。

022.JPG
8位 「ロコフィ」のダブルチーズ1,650円+ベーコン200円
MUNCH'S BURGER SHACKもかなりのクォリティだったが、
ここのパティの弾力、チーズのメルト感のインパクトがほんのちょっと勝った。

081.JPG
9位 「南米料理 ロミーナ」のオコパリゾット1,080円
ブラックミントハーブとピーナッツのオコパソースで仕上げたペルー料理。
中南米料理フュージョン店は刺激的で楽しかった。

赤煉瓦
10位 「赤煉瓦」の赤煉瓦生姜焼定食950円
脂身豊富な豚バラ薄切り肉使用で甘さを抑えた味つけは好みのど真ん中。
もうちょっとボリュームがあれば・・・


さて、今年のニュースベストテンは

2018有馬記念.png
1位 福永祐一、ワグネリアンで日本ダービー制覇
2位 北海道胆振東部地震や西日本豪雨等の自然災害
3位 平昌オリンピックでの日本女子スピードスケート陣の大活躍
4位 東名あおり運転事故で夫婦死亡、犯人に懲役18年の判決
5位 大坂なおみが全米オープン優勝、日本人初のテニス4大大会シングルス制覇
6位 貴乃花劇場
7位 レスリング、体操、ボクシング、アメフト等スポーツ界パワハラ、不祥事問題
8位 元徴用工訴訟問題による日韓の解決不能な憎悪関係の顕在化
9位 猛暑による野菜の不作、相次ぐ海産物の不漁、それによる値段の高騰
10位 横浜DeNAベイスターズ、3年ぶりにCS進出逃す

それでは当ブログの数少ない読者の皆さん、良いお年をお迎えください。

posted by こここ at 11:39| Comment(0) | 日記 ベストランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。