2019年01月18日

Mr.JEJU 濟州(武蔵小山)…海鮮チヂミにはキムチを合わせて食うべし

050.JPG
平日13時頃、ランチ店を求めてアテもなく武蔵小山パルム商店街を歩く。
中華も洋食もパスタも気分でなく、昼を抜こうかと思いかけたところで、
「Mr.JEJU 濟州」という看板を掲げた韓国料理店が目に入る。
こんなところに韓国料理屋なんてあったっけ、なんて思いつつ、
店外に掲示されたメニューに惹かれたこともあり、入店する。

020.JPG
全13席の1階フロアに先客は6人、2階にもテーブル席が14席あるよう。
韓国人女性店員に、空いているカウンター席に座るよう指示される。

026.JPG

028.JPG

032.JPG

034.JPG
卓上にはランチメニューが置かれている。
女性店員にランチメニュー以外の品を注文できるか聞いてみると、
「ダイジョウブ」と言われ、グランドメニューを渡される。
ランチメニューも種類豊富で充実しているのだが、
実は、私は店外のメニューにあった海鮮チヂミに惹かれて入店したのだ。

015.JPG
海鮮チヂミとキムチチゲを一緒に注文したら多すぎるか店員に聞くと、
「チヂミハカナリオオイデス」とのことだったので、
特選海鮮チヂミ1,380円菜キムチ420円を注文する。

012.JPG
十数年前、日韓関係の悪化から大久保辺りの韓国料理店の客足が途絶えた、
なんていう報道をよく耳にした。
私は極端な愛国主義者ではないし、隣国への変な嫌悪感もなかったが、
それでもやはりその頃から韓国料理店には行かなくなった。
石焼ピビンバ、チヂミ、チャプチェなんかは好きだったし、
その後の純豆腐チゲやチーズタッカルビのブームに興味はあったものの・・・
ともかく、私にとってかなり久しぶりの韓国料理店ということになる。

019.JPG
注文してすぐにサービスの“おかず3品”が出てくる。
昆布と野菜の和え物、高菜、もやしのナムルだ。

025.JPG
そして注文から4分ほどで白菜キムチが出てくる。
ほんのちょっと食べてみると、かなりパンチのある辛さを感じる。
スーパーやデパ地下で売っているようなキムチとはまったく違う本格派だ。

041.JPG
キムチから遅れること10分でチヂミが出来上がってくる。
あらかじめ12片にカットされている。

038.JPG
海鮮の具は干しエビ、貝柱、イカ、タコが入っている。

053.JPG
1片を持ち上げ断面を見ると、ニラ、ニンジン、玉ねぎが認められる。

057.JPG
まずは特製ダレをつけてその1片を食べてみる。
外は焼き目がついてカリッとし、中はモチっとしていて、とても美味い。
特製ダレは辛味の強い甘辛味でニンニクが効いている。

060.JPG
続いて、白菜キムチをチヂミにのせて食べる。
私はこれが以前からこの食べ方が大好きなのだ。
なぜみんなこうしないのか不思議に思っているくらいだ。
俄然パンチが増して、もの凄く美味い。
美味いが、女性店員が言っていた通り量が多くて終盤は苦しくなった。
本来は3〜4人くらいで分けてつまみに食べるものなのだと思う。

002.JPG
13時半を過ぎても細々と客足は続くのは
ランチメニューが充実しているためだろう。
いずれまた昼にキムチチゲ定食か石焼ビビンバなどを食べに来たいし、
夜に妻と飲みに来てもいいなあと思った。
尚、帰り際に分かったのだが、ランチ営業は金、土、日しかやらない。
だから、ここに韓国料理店があることに今まで気づかなかったのだ。

ミスターチェジュ韓国料理 / 武蔵小山駅戸越銀座駅戸越駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

ラベル:韓国料理
posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。