2019年01月29日

福与志(秋葉原)…ハイCPが魅力の町とんかつ店

032.JPG
本来とんかつは庶民のための料理であったはずだが、
くだらないランキングなんかで高尚化された店が図に乗って、話が変わった。
でも、技術を凝らした本格中華のパラパラチャーハンが脚光を浴びた後で、
何年かの時を経て、町中華のしっとりチャーハンが見直されたりもする。
町とんかつの良店に出会いたい、との思いを胸に、秋葉原の「福与志」に行く。

009.JPG
平日午前11時過ぎの入店で先客はカウンター席の男性一人客2人のみ。
店員に小さな2人用テーブル席に導かれる。
カウンター席は3席あるが席間が狭いため、この時間はうめないようだ。

013.JPG

015.JPG
メニューを見る。
と言っても、下調べで注文はほぼ決まっていてチラ見で確認しただけだ。
ロースかつ定食1,100円ご飯少なめとカキフライ150円×2個を注文する。

021.JPG
すぐに小皿の高菜が出される。

011.JPG
厨房の男性2人とフロアの年配女性1人、計3人の店員で切り盛りされる。
店員間の会話がなく、私の後続客も男性一人客ばかりだったので、
料理が出てくるまでの間、静寂の時間が続く。

017.JPG
卓上にはとんかつソース、七味、食卓塩、小袋の和辛子が置かれる。
醤油は頼むと既製のキッコーマンのしぼりたて生しょうゆが出される。

024.JPG
注文から12分ほどで出来上がってくる。
カキフライ2個はロースかつと同じ皿に盛られる。
油揚げと豆腐が入る味噌汁がつく。
尚、ご飯、キャベツ、味噌汁のお替りは明記がなく、有料なのだと思う。

043.JPG
ロースかつは肉の厚みが最大1.8p、肉だけで180g程度のボリュームだ。
150〜160度程度の高温で揚げていると思われ、
パン粉の目が粗めのコロモは部分的に肉から剥がれやすくなっている。

048.JPG
食べてみると、肉は意外としっとりしていて全体に軟らかい。
赤身にはほんのりと旨味があり、脂身も融点が低くまずまずの味わい。

058.JPG
さすがに食卓塩は避けたが、ソース+芥子でも醤油でも美味かった。
小袋の芥子は一片に一袋ずつ使った。

061.JPG
カキフライは一個ものでまずまずの大きさで、旨味が詰まっている感じ。
タルタルソースがつかないのが残念だったが、レモン汁+醤油で食べた。
カキはシーズン終盤に向かうにつれサイズがデカくなり旨味も増す、
と聞いたことがあるが、今から2月、3月にかけてがいい時季なのだろう。
このカキフライが1個150円なら、つけなくては損だと思ってしまう。

004.JPG
町とんかつの良店だと思った。
次はかつ煮定食にカキフライ3個かなあ、なんて思ったりする。
カキフライをたっぷり食べるには3月までにまた来なければいけない。

福与志とんかつ / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 千代田区 神田 秋葉原、末広町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。