2019年02月04日

しんぱち食堂(蒲田)…チェーン展開された焼き干物魚食堂

044.JPG
ううう、朝の体重計の値がヤバい。
今日の昼飯は焼魚の定食だな・・・それ以外の選択肢はない。
一度行ってみたいと思っていた「しんぱち食堂」に行く。

027.JPG
午前11時ちょうどに入店すると先客は高齢男性一人客が2人のみ。
二人とも400円+税と廉価な朝定食を食べている。
店は女性店員一人で賄われているが、すぐに2人の女性店員が加わる。

014.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
やはり豚生姜焼きが好物だけに気になるが、
幸か不幸か、肉ものは入荷がなくこの日はすべて出来ないという。
心の迷いを断ち、初志貫徹に導いてくれてありがたいというほかない。
あこう鯛粕漬け定食820円+税ご飯半分ー50円+税納豆30円+税
加えて単品サーモンハラス干し540円+税を注文する。

031.JPG
卓上には薄口醤油、濃口醤油、レモン汁、七味唐辛子が置かれる。
正直言って、料理が出た時にこれらをどう使えばいいのか、
おすすめレベルでいいので、案内してもらいたかった。

037.JPG
注文から9分後にすべて出来上がってくる。
油揚げと青菜の味噌汁、大根おろし、オレンジ色の漬物がつく。

060.JPG
濃口醤油とレモン汁を加えた大根おろしであこう鯛を食べる。
粕漬けの甘さはあまりなく身はしっとりして美味いのだが、
身が薄くてあまり食べられる部分が多くない。

047.JPG
一方でサーモンハラスは大ぶりな切り身が二本でなかなかのボリューム。

065.JPG
しかし食べてみると、冷凍モノ臭を感じた。
脂はしっかり乗っていて身も厚かったので、ちょっと残念だった。

057.JPG
納豆は朝食価格で30円だったせいか量がかなり少なく、
半量のご飯にかけても寂しく見えるほどだった。
まあ、30円だから二つもらえば済む話かもしれないが。

012.JPG
「生姜焼きは昼にはあるんですか?」帰り際に店員に聞くと、
「肉ものは仕入れがない日が多くて、今日はまったくありません。」
とのことだった。
西新宿の旗艦店にはずっと行きたいと思っていたが、
今や東京都、神奈川県に12店舗を展開するチェーン店となった。
干物焼魚食堂チェーンは首都圏市場で拡大していくのだろうか・・・

しんぱち食堂 蒲田店定食・食堂 / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。