2019年02月18日

龍朋(神楽坂)…都内No.1の呼び声高いチャーハンを食べておこうと思い・・・

039.JPG
都内で美味いチャーハンと言えば?
白金の大宝、大井町の萬来園、駒込の兆徳、大山の丸鶴、乃木坂のaa・・・
様々挙がるだろうが、この話題で龍朋の名が挙がらないことはまずない。
飯田橋でたまたま仕事の用事のあったこの日の昼過ぎ、
都内きっての逸品との呼び声高いチャーハンを求め、店に行く。

022.JPG
14時半過ぎに店に着くと、全30席の店内に先客は12人ほど。
ただ一つだけ空いていた4人用テーブル席につく。
ほとんどが一人客で、私も含め皆一人で一卓を占拠しているので、
その後に一人客が入ってきた場合、必然的に相席になる。

023.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

025.JPG
メニューは壁に掲示されているのみで、品数はあまり多くない。
餃子や春巻、シューマイなどの点心系の品もない。
ほとんどの人がチャーハンを注文しているが、麻婆丼も人気だそう。
もちろんチャーハン770円を注文する。

031.JPG
事前情報通り、注文からたった2分で出来上がってくる。
ある程度火を入れておいたご飯をさっと炒め直して出すのだと思う。

041.JPG
具は玉子、チャーシュー、ねぎのみ。
ボリュームは一般的な町中華店のチャーハンよりも若干多めだ。
因みに隣席に出たチャーハン大盛は量が並の1.5倍ほどあり、
大盛はプラス100円だからなかなかのコストパフォーマンスだと思った。

043.JPG
食べてみると、評判通り、いわゆるしっとり系で、
もちろん油でべチャっとしたり米がつぶれている部分はまったくない。
ダマになっている箇所もなく、火はまんべんなく入っている。
味つけはシンプルで特殊な旨味なども感じず、塩味もおとなしめだ。

052.JPG
“大ぶりなチャーシューがゴロゴロ入る”なんて声があるが、
一般的なチャーハンの具のチャーシューと同様に細かくカットされている。

036.JPG
味といい食感といい、よく出来ているチャーハンだと思う。
但し、もの凄く美味いとか絶品、逸品とか究極などとは思わない。
美味しい日式町中華のチャーハンに過ぎない。
家の近所にもこのくらいのチャーハンを出す店はある。
一般論としてチャーハンの味は、もちろん店によって優劣はあるが、
ある程度のレベルになったらそれほど大きな差がつかないように思う。
特殊な具が入ればその限りではないかもしれないが・・・

049.JPG
スープはラーメンのツユのようだ。

019.JPG
店は中休みのない昼夜通し営業のようで、この時間でも次々に客が訪れる。
今にも相席になりそうな雰囲気だったので、5分ほどで一気にかき込み、
飯田橋駅までのんびり歩こうなんて思いつつ、店を後にした。

龍朋中華料理 / 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 17:46| Comment(0) | 新宿区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。