2019年02月20日

【移転】スパイスらぁめん 釈迦(池袋)…ついにラーメンはここまで来たのか

042.JPG
スパイスラーメンが新たなラーメンのジャンルとして注目されているという。
私はラーメンを食べるのは年10回程度、いいラーメン喰らいではない。
メディアなどで注目店が紹介されても惹かれることはほとんどなかった。
しかし「スパイスらぁめん 釈迦」には何故か一発で惹かれた。

008.JPG
午前11時開店だが、開店前から行列ができる店なのかもしれないと考え、
少々早めに店に着けるようにJR池袋駅西口に出る。
途中、いわもとQを見つけ、もし行列が尋常じゃなかったらここに来よう、
なんて考えたりする。

004.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
10時50分に店に着くと、拍子抜けするほど誰も店の前におらず、
店頭に表示されたメニューの説明書をじっくり読みながら待つ。
バターチキンカレーのような北インドのスパイスらぁめん、辛口の天空、
スパイスとたまり醤油を融合した新メニューハヌメーンの三つが
当店の基本テーストとなる。

013.JPG

015.JPG
11時ちょうどに店が開き、何故か店の中ほどにある券売機に向かう。
後客がいなかったので上下左右、舐め回すようにじっくり見る。
天空チャーシューめん1,130円大盛100円辛マシ(辛さ4倍)150円
パクチー150円、計1,530円分の食券を買い、女性店員に渡す。

024.JPG
外観も店内の壁もテーブルも真っ赤だ。
テーブルが赤いと料理の写真を撮っても美味そうに見えないとよく言われる。
店はカウンターのみ全17席、若い男性と女性の二人の店員で切り盛りされる。
バリバリの南アジア系の店員が営んでいるだろうと勝手に思い込んでいたが、
二人とも恐らく日本人だと思う。

027.JPG
評判を聞いて盛況を予測してきたが、実際は私の滞在中の後客は、
中年男性サラリーマン一人客が2人のみ。
今のところ平日の早い時間は混むことはないようだ。

020.JPG
卓上にはマンゴーピックルを使ったアチャールが入った瓶が置かれる。

032.JPG
注文から11分で出来上がってくる。
出てきた瞬間にクミンの香りがふわっと漂う。
麺大盛にしたせいか全体的にかなりのボリュームに見える。

049.JPG
上部に盛られたパクチーをよけると、スパイスで和えたもやしが現れる。
他の具はメンマ、ねぎだ。

078.JPG
食べる。
めちゃくちゃ美味いしめちゃくちゃ辛い。
麺は博多ラーメン風のバツッとした歯応えの細麺なのだが、
多くの指摘がある通り、表面がざらっとしてスープの持ち上がりがいい。

091.JPG
スープは、これは本当にラーメンのスープなのか、と思わさせられる。
通常のラーメンスープにカレーを足したようなものでは当然ない。
じっくり目を凝らすと、砕かれたマスタードシード、コリアンダーが見える。
複雑な味わいで、例えばガーリックが単独で味を主張してきたりしない。
但し強烈にインド的かと言われると、あまりそうとは思えない。
細麺やジャポニカ米に合うカレー、という範囲内のスパイススープではある。

057.JPG
炙りチャーシューは豚ばら肉で意外とスパイシーなスープとも合ったが、
細かくカットされてボリュームがちょっと乏しかった。
タンドリー鶏ちゃーしゅーをオプションで足してもよかったかな、と思った。

073.JPG
唐辛子やクミンシードなどで和えられたもやしもとても美味かった。

043.JPG
特徴的だったのはメンマだ。
特に何かの味にしっかりと煮込まれているような感じは無く、
乾いたシャクッとした食感で、強烈なスープのいいアクセントになった。

088.JPG
マンゴーピックルのアチャールを足してみる。
すでにかなり辛いので、辛さ面での影響はまったくなかったものの、
スープに酸味が増し、味の若干の変化を楽しめた。

097.JPG
麺大盛が多すぎて食べきれなかったのと辛さ4倍がキツすぎたのが反省だ。
とても美味かったから、絶対にまた来たい。
スパイスラーメンの店はきっともっと増えてくるだろうが、
模倣や追随でなく、新たな発想のチャレンジングな店が出てきてほしいと思う。

スパイスらぁめん 釈迦ラーメン / 池袋駅要町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。