2019年02月23日

串かつだるま(新大阪)…新幹線改札内コンコース店で二度づけ禁止を体験する

053.JPG
急な土曜日の日帰り大阪出張である。
17時頃に業務を終え、すぐに東京へ戻ろうかとも思ったが、
スマホで新幹線の予約をしようとしていたときに急に気が変わる。
18時50分発の新幹線を予約し、電車で新大阪駅に向かい、
新幹線改札内の“のれんめぐり”の中にある「串かつだるま」に行く。

020.JPG
18時ちょっと前に店に着くとちょうどカウンター席が1席空き、そこに座る。
私の後客はちょっとした行列になっていたから、ラッキーだった。

015.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

012.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
飲み物は瓶ビールがないので生ビール中500円に決める。
串かつは三種のセットが設定されていて、それらがお得のようだが、
一気に出てきて一気に食べてしまうのが嫌で、単品で注文することにする。

002.JPG
すぐに生ビールと生のキャベツが出てくる。
キャベツはアルミ容器に入ったソースをつけて食べるよう店員に指示される。

008.JPG
串かつが揚がるまでの間にすぐに出るものの注文を、と店員に促され、
どて焼き378円を注文し、店員の言う通りに注文後30秒で出てくる。

018.JPG
牛すじ、大根、コンニャクの味噌煮込みで小鉢程度のボリュームだ。
とても甘ったるかったが、お腹が空いていたので一気に食べてしまった。
尚、どて焼きが出される際、割りばしも一緒に出されるのだが、
「箸はどて焼き以外には使わないでください。」と店員に言われる。

026.JPG
関東で串かつと言えば、一口大の豚ヒレ肉と玉ねぎかネギを交互に串に刺し
コロモをつけて揚げたものを指し、
野菜や魚介などを同様に調理したものは串揚げと呼ぶことが多い。
但し、今や大阪式の串かつチェーン店が幾つか関東に進出していて、
串揚げ全般を串かつと呼ぶことに我々もあまり違和感がなくなっている。

019.JPG
私は20年ほど前に梅田駅構内の立ち食い串かつ店に行ったことがあり、
本場の二度漬け禁止は一度経験している。
関東人の同僚と二人で好奇心に任せて行ってみたのだが、
勝手がわからず、もの凄く緊張したのを覚えている。

031.JPG
注文から約9分でウィンナー129円串かつ129円豚かつ129円が出る。

035.JPG
串かつはこの店では牛肉の串揚げで、食べてみると硬くて噛み応えがある。

036.JPG
お約束通り、二度漬けしないように一回でたっぷりソースをつける。

043.JPG
豚かつは「とんかつください」って言って注文したが、
この店では“ぶたかつ”と呼ぶのが正式なようだ。
この日食べた中で、これが一番美味かった。
やはりパン粉のコロモには豚肉が一番合うように思った。

039.JPG
ここで、帰りの新幹線でがっちり眠るべく冷酒432円を注文。
ちょっと量が寂しかった。

046.JPG
その後、伝説のシュウマイ194円

051.JPG
牡蠣194円

057.JPG
アスパラ129円

063.JPG
牛タンつくね194円と食べ進む。

048.JPG
新幹線の出発時間の15分前に席を立つ。
会計はだいだい2,500円くらい。
18時半過ぎで10人程度の待ち客の列ができていた。

066.JPG
東京でも串かつ店に行ってみようかとも思ったが、
例えば沖縄料理の島らっきょうとか海ぶどう、スーチカーなんて
東京で食べてもちっとも美味いと思わない。
やはりその土地の雰囲気があるから美味いのだと思う。
だから、大阪式串かつは、また大阪に来たら食べることにしよう。

だるま 大阪のれんめぐり店串揚げ / 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 20:00| Comment(0) | 都外(神奈川県以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。