2019年03月07日

屋台居酒屋 大阪 MANMARU(武蔵小山)…嗚呼、哀愁の平日16時台からの一人飲み

077.JPG
朝5時半に家を出てから飲まず食わずの働きづめで、16時に解放される。
空腹も通り越してしまい、疲れたから家に帰りたい、と武蔵小山駅に出る。
パルムを歩いていて通りがかった「大阪 MANMARU」。
いかにも企業系の、安易にうわべだけ取り繕ったような庶民派居酒屋だ。
普段なら絶対に入らないが、自棄な今日は吸い込まれるように入店する。

004.JPG
16時40分頃の入店で全50席の店内に先客は年配客ばかり15人ほど。

017.JPG
店員に一人であることを告げると、壁に面した一人客専用席に誘導される。
テーブルは小さく椅子も硬くて、ただでさえ惨めな気持ちで入ってきたのに、
とてもその気持ちを前向きに転換できるような席ではない。

011.JPG
とりあえずスーパードライの大瓶をもらう。

012.JPG
同時に生のキャベツが出てくる。
この時点でこの店が大阪風串かつの店であることに気づく。

008.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

050.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

014.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

016.JPG
串かつ以外にも刺身、寿司、天ぷらなどメニューはバラエティに富む。
と言うよりも、何でもかんでもある、という印象の品揃えだ。

020.JPG
この日の料理一品目は中トロ刺身580円+税である。
出てきた瞬間ルイベのように見えたが、凍ってはいなかった。
まあ、値段なりの質だった。

026.JPG
続いて串かつが出てくる。
ウィンナータコしいたけ(いずれも100円+税)である。

028.JPG
卓上の金属の缶の蓋を開け、中のソースに串かつを浸して食べる。
もちろん、お約束通り、二度漬けはしない。

048.JPG
やはりパン粉のコロモとソースには豚肉が一番合う。
脂身の少ない豚肉で食感は硬かったが、相対的に一番美味かった。

084.JPG
ウィンナーは昔ながらの不自然に赤いやつだ。
なんか懐かしさを感じるクセのある味わいで、ジャンクな感じだ。
立ち食いそば屋のソーセージ天ともだいぶ違う。

054.JPG
三品目は子持ちカレイの煮物490円+税が出る。
定食のおかずとしても出される品だ。

057.JPG
小さな切り身を想像していたが、なかなかのサイズの半身だった。
但し身の厚みはあまりなかった。
煮汁はやや甘めだったが、まずまず美味かった。

070.JPG
ここで飲み物は日本酒へ。
純米辛口神亀590円+税という埼玉県の酒を注文する。
なんとなく山廃っぽい味わいだった。
受け升になみなみと注いでくれなかったのが残念だった。

073.JPG
串かつのきす、豚、ウィンナー(いずれも100円+税)を追加。

092.JPG
きすはソースがあまり合わなかった。
きすやしいたけは同一料金で天ぷらもあるので、そちらを注文すべきだった。

101.JPG
〆にあら汁250円+税を注文する。

122.JPG
ぶりのような魚のあらが入っているのだが、煮込みが足りず、
汁の味に深みがないばかりか、あらの身も臭みがあって美味くない。

002.JPG
1時間ちょっとの滞在で会計は3,000円を少々出たくらい。
一品一品は安いが結局トータルではあまり安くないという、
チェーン店居酒屋でよく感じるパターンだ。
料理も値段が値段だけに、ということをよく理解しなければいけない。
寿司、刺身や魚の煮物など味わい深さを求めるような品は注文せず、
野菜の串揚げや乾きものなどを食べているのが賢明だ。
心がささくれているときには、こんな店がちょうどいい。

大阪 満マル 武蔵小山店居酒屋 / 武蔵小山駅戸越銀座駅西小山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 00:00| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。