2019年03月15日

豊野丼(阪東橋)…B級感満点、ハマのソウル天丼

013.JPG
午前の仕事を終え、横浜橋商店街を歩く。
魅力的な惣菜店、中華店、韓国料理店などに心を奪われかけるが、
昼飯の店は早くから「豊野丼」と決めている。
迷いを断ち切るように足早に商店街を歩き抜ける。

016.JPG
午前11時頃に店に着くとまだ開店前で、店の前に3人の待ち客がいる。
すぐに男性店員が出てきて開店し、その3人に続いて入店する。

021.JPG
店内はカウンターのみ全6席と狭く、内観はかなり年季が入っている。
但し不潔感はなく、揚げ物店によくある油の酸化臭もまったくない。
店は二人の男性によって切り盛りされ、
店主らしき年配男性が揚げ手で、もう一人が盛り付け、配膳、会計等を行う。
店主は気難しいと評判だが、気さくに客に話しかけたりしている。

022.JPG
メニューは基本の五種の天丼と、

005.JPG

001.JPG

007.JPG
常設でない三種の天丼で構成される。
但し常連風の客の注文を聞いていると、天ぷら単品追加など、
メニュー外のカスタマイズも可能なようだ。(常連だけかも)

025.JPG
常設でないメニューのいかのかきあげ丼800円はぜのてんぷら400円と、
レギュラーメニューの味噌汁100円を注文する。

028.JPG
厨房には二つの大きな揚げ鍋があるが、一つしか使用していない。
恐らく、油の温度の違う二つの鍋を使い分けているのでなく、
単にキャパシティの問題で、ピーク時にはもう一つの鍋も使うのだろう。

030.JPG
注文から9分でまずいかのかきあげがのった丼と味噌汁が出てくる。
丼は天ぷらをタレにくぐらせる江戸前タイプでなく、タレ後がけタイプだ。
味噌汁は揚げ物店の基本とも言うべきシジミのみが入ったものだ。

045.JPG
1分後に丼に別皿でつく野菜が、更に1分後にはぜのてんぷらが出てくる。

034.JPG
まずは丼から食べる。
いかのかき揚げはかなり火が通っていて焦げ目がつき、ガリッとした食感だ。
丼の場合はべちゃっとしなっとしたかき揚げよりもこの方がましだ。

055.JPG
箸で割ってみると、内容はゲソとネギで、ゲソはかなりふんだんに入る。
タレは甘めだがベタッとした感じは無い。

038.JPG
野菜はメニューには三品と書かれているものの、
実際はなす、椎茸、レンコン、菜の花の四品が盛られる。
なすはコロモがついていない素揚げのような状態だが、
厨房のバットに中身の抜けたコロモが散見されるので、
店が意図した素揚げではないのかもしれない。

048.JPG
はぜは二尾で、一尾にはタレが、もう一尾には粗塩がかかる。
身は軟らかくてクセはあまり感じず、粗塩で食べるのがよかった。

018.JPG
ご飯はあらかじめ少なめで注文していたが、途中で主人から、
「ご飯足りてる?」と声を掛けられた。
江戸清の豚まんや味奈登庵のもりそば、バーグのスタミナカレーなどと共に
横浜のソウルフードと称される豊野丼は、ワシワシ食べるB級感満点の天丼だ。
これを食べられる内はまだまだ自分は若いと思えるだろう。
いずれ穴子天丼を食べに来よう。

豊野丼天丼・天重 / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:天丼 天ぷら
posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。