2019年03月28日

レストラン 紅花(平塚)…うすーい生姜焼きとちっこい餃子

024.JPG
今年初めての平塚行脚、今回も気の重い仕事が待っている。
美味いもん食って景気つけよう!っていう気持ちにもならない。
昼過ぎに東海道線で平塚駅に着き、北口から路地の商店街に入り、
角に見つけた「レストラン 紅花」に、何も考えずに入る。

012.JPG
13時半の入店でテーブル14席、カウンター7席の店内に先客は4人。
テーブル4卓をその4人それぞれが1卓ずつ占拠していて、
選択の余地なくカウンター席に座る。

004.JPG

007.JPG

011.JPG
メニューは卓上のグランドメニューと壁の日替りメニューがある。
定食のおかずのみの注文ができるかは不明だ。
しょうが焼定食780円ご飯少なめと焼き餃子300円を注文する。

009.JPG
店は年配男性二人で切り盛りされ、一人が調理を、一人が配膳等を行う。
外観も内観も年季が入り、床には鞄などを絶対置きたくない状態だった。
全面喫煙可だが、この日は運良く喫煙客が一人もいなかった。

016.JPG
注文から11分でしょうが焼定食が出来上がってくる。
白菜の浅漬けと、ワカメと豆腐の味噌汁がつく。
ご飯は普通に盛られていて、少なめ注文が忘れられたように思う。
まあ、よくあることだ。

031.JPG
しょうが焼は薄切りロース肉が7枚盛られているが、
1枚1枚がしゃぶしゃぶ肉のように薄くて面積も広くない。
こんな肉を焼くのになんで10分以上もかかったのだろう・・・
肉の下には千切りキャベツと細パスタサラダが盛られているが、
それらの量もとても寂しい。
肉にかかるタレは、濃い飴色から察せられる通りかなり甘めの味つけだ。

034.JPG
しょうが焼の1分後に餃子が出来上がってくる。
かなり小ぶりのものが5個並び、一応、羽根つきになっている。

039.JPG
お湯たっぷりで蒸し焼きにされたと思われ、全体にしっとりしている。
ほのかにニンニクが利いていて、味はまずまずだと思った。

002.JPG
ボリュームが乏しそうなことは入る前から察していた。
たまにはそういう店もいい。
量がほしければあと7〜8分歩いて洋食 ZOROに行けばよかったことだ。
気が重い仕事をさっさと片付けて、帰りの東海道線でビールでも飲もう、
なんて思いつつ店を後にし、国道1号線を目指して歩いた。

紅花定食・食堂 / 平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。