2019年04月15日

手打ちうどん でら打ち(旗の台)…カレーうどん、食わず嫌いを克服

036.JPG
小学生の頃、給食でどうしても食べられないものが二つあった。
ミートソーススパゲッティとカレーうどんだ。
ミートソースはその後、ラグーソースパスタで簡単に克服したが、
カレーうどんは以降も苦手意識が残り、現在まで全く口にしなかった。
心境の変化から、そのカレーうどんを食べに人気店「でら打ち」に行く。

017.JPG
午前11時10分頃に店に行くと先客はまだなく、
女性店員に煙草を吸うか聞かれ「吸わない」と答えると、
奥めの2人用テーブル席に案内された。
店はこの女性と、主に調理を行う男性の二人の店員で切り盛りされる。

008.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。

010.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
カレーうどん800円に加え、とり天盛りを注文しようとすると、
「とり天盛りは大ぶりのとり天が5個入り、一人では量が多い」と制され、
トッピングとり天130円2個、更に生卵50円を追加注文する。
ランチタイムは無料で玉ねぎ天がつけられると言われ、
カレーうどんには合わないような気もしたが、つけてもらうことにする。
平日ランチはセルフでご飯一杯がつくが、さすがにやめておく。

014.JPG
さて、冒頭の心境の変化についてだが、
このきっかけは、最近中華のカレーにハマっていることに他ならない。
もともとは和風出汁にカレー粉を合わせるスープが好きではなかったが、
中華スープとカレー粉の融合に魅せられ、非スパイス系カレーに惹かれた。

029.JPG
注文から12分後にまずとり天が、その2分後にカレーうどんが出てくる。

040.JPG
カレーうどんは太めの断面の四角いうどんが黄色っぽいカレーに漬かり、
具は薄切り豚ばら肉、油揚げとネギが認められる。
サービスの玉ねぎ天はあらかじめ丼の中に入れられている。

050.JPG
食べる。
うどんはかなり弾力があり重量感を感じる。
カレーはスパイシーさはなく、甘さはわずかで後味に辛さが残る感じ。
特徴的なうどんとの相性はいいように思う。

064.JPG
玉ねぎ天も予想外にこのカレースープと合った。

065.JPG

070.JPG
そして生卵を投入する。

077.JPG
ただでさえ上品なカレースープが更に丸みを帯びるような感じ。
熱々の内に投入してかき混ぜていれば、
タイ料理のパッポンカリーのようになったかもしれない、と思った。

019.JPG
とり天はモモ肉使用で肉はしっとりとしてとても美味かった。
下味がついていてそのままでも、カレーと合わせてもイケた。
注文してよかったと思った。

003.JPG
スパイスカレー全盛の昨今、なぜこういう出汁系カレーにハマるのだろう。
雨後のタケノコのように現れるスパイスカレー店への抵抗感なのか、
日本古来のカレーへの郷愁か・・・
よく分からないけれど、まだしばらくはこういうカレーにハマっていたい。
もったりした、グリーンピースがのるようなカレーを食べたい。
この店の品には味にもコストパフォーマンスにも満足したが、
退店時、男性店員がうんともすんとも言わないのは残念だった。
魚菜 由良やまぶきを思い出した。

でら打ちうどん / 旗の台駅荏原町駅長原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 品川区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。