2019年04月19日

永坂更級 布屋太兵衛(新宿)…都内で最も高価な立ち食いそば屋ではないだろうか

046.JPG
「KOKOKOさん、豚肉天ぷらを出す立ち食いそば屋を知ってますよ。」
立ち食いそばマニアを自称する後輩のM君からの緊急タレコミ情報だ。
麻布十番の老舗「永坂更級 布屋太兵衛」が営む立ち食い店だと言う。
朝方に西新宿で用事のあったこの日、さっそく行ってみることに。

008.JPG
新宿駅西口からメトロ食堂街B1Fの店に開店時間の10分ほど前に行く。
店は椅子席スペースと立ち食いスペースに分かれていて、
それぞれが別の店かのようにメニューも価格帯もまったく違い、
椅子席の方は天ぷらそばや鴨南蛮そばが1,800円くらいする。
但し、キッチンは同一でそばはどちらも同じものだ、という声もある。

024.JPG
尚、目当ての豚肉の天ぷら、いわゆる“肉天”は立ち食いにしかない。

020.JPG
館内放送が午前10時半を告げると、
椅子席店舗からおばちゃん店員が出てきて券売機のスイッチを入れる。

022.JPG
さっそくその券売機の前に立つ。
待っている間、ずっとメニューを眺めていたから注文は決まっている。
肉天もり800円単品イカ天360円の食券を買う。
立ち食いそば店で1,000円を超える額を払ったのは初めてだと思う。
永坂更級ブランド価格は立ち食いにも適用されているということか。

026.JPG
店のカウンター内の女性店員に食券を渡す。
立ち食いスペースにいる店員はこの女性一人だが、会計は券売機だし、
キッチンから渡されたそばに揚げ置きの天ぷらをのせるだけなので、
まあ、一人で十分なのだろう。

028.JPG
ショーケースにはまん丸い春菊天と肉天が揚げ置かれている。

030.JPG
カウンター上には小口切りのねぎ、わさび、七味唐辛子が置かれる。

034.JPG
食券を渡してから3分ほどで出来上がってくる。

040.JPG
大ぶりな肉天とイカ天がそばの上にのる様は壮観だ。

074.JPG
まずはそばから食べる。
そばは風味や香りが強いと言う感じはしなかったが、歯応えがよく、
やや辛めのかえしの強いツユとの相性はまずまずだと思った。

054.JPG
そして目当ての肉天である。

093.JPG
箸で割って断面を見ると、体積の大半は小麦粉のコロモであり
具は小さなブロック状のモモ肉と思われる豚肉とネギが入っていた。

105.JPG
豚肉天と聞いて勝手に豚バラ薄切り肉を想像していたが、全く違った。

062.JPG
イカ天は大ぶりなものが二本のる。
正直言って肉天とイカ天のトッピングは量が多すぎた。
特にコロモだらけの肉天によるダメージはデカかった。

111.JPG
帰り際に女性一人客が入ってきて肉天そばを食べていた。
立ち食いそば屋で女性客を見かけることは珍しくなくなったし、
その光景に違和感を感じるどころか、
堂々と食べて颯爽と帰っていく女性を見るとカッコよく見えたりする。
そんなことを思いながら、店を後にした。

永坂更科 布屋太兵衛 新宿地下鉄ビル店そば(蕎麦) / 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 新宿区 新宿、大久保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。