2019年04月22日

とんかつと釜炊きご飯 ゆきひら(都立大学)…決して安くもない企業系とんかつの新店

044.JPG
ひと仕事終え、目黒通りの碑文谷近辺を歩く。
“確かイオンのレストラン街にアルポルトがあったよな”と思い出し、
通り沿いのイオンスタイル碑文谷店の7階に行くと、
「とんかつと釜炊きご飯 ゆきひら」なる未知のとんかつ店を見つける。
明らかに企業系風の店構えに少々の抵抗感はあったが、入ることにする。

010.JPG
昼12時半の入店で全50席の内三割ほどの席がうまっている。
開店から日が経っていないようで、近隣に認知されていないのだろう。

008.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

007.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

018.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
2人用テーブル席に案内され、メニューを見る。
釜炊きのご飯と低カロリーのカナダポークが店のウリのようだ。
店員にロースかつと特ロースかつの違いを聞くと、肉は同じもので、
ロースかつが肉が80g、特ロースかつが120gと、量だけの違いだという。
カツカレー980円+税と単品特ロースかつ880円+税を注文する。

012.JPG
明らかに企業系と言っても、同名の他店舗は存在しないようで、
運営はイオンなのかまったく別の会社なのかは分からない。
メニューを見ると、他の企業系とんかつ店と比べて価格は高めだ。
例えばかつやとんかつ大学は100g程度のロースかつが2枚入る定食を
1,000円以下で出すし、松乃屋も1,000円をちょっと超える程度。
対して当店は80gが2枚の定食で1,360円+税という値段だ。
となれば、肉質にもある程度の質を求めなければならない。

026.JPG
注文から約10分で、まずカツカレーが出てくる。

074.JPG
その1分後に単品の特ロースかつが出てくる。

045.JPG
並べてみると、確かにカツカレーのかつに対し特ロースかつは、
1.5倍くらいのボリュームがあるように見える。

039.JPG

061.JPG
まずはカツカレーから食べてみる。
カレーはおそらく業務用カレー粉を溶いて野菜等を煮込んだもので、
豚肉や野菜の小片が具として認められる。
そこそこ粘度があり、何の特徴もコクも味わい深さもないカレーだ。

051.JPG

055.JPG

059.JPG
特ロースかつは、肉にほとんど脂身がついていない。
その赤身はパサツキはないが旨味もまったくなく、
備えつけのソースや洋ガラシをベッタリつけて食べるべきかつだった。

002.JPG
昨今の首都圏のとんかつの新店の多くは企業運営店だ。
そのこと自体に抵抗感や悪意を持ってはいない。
但し、企業系とんかつ店には消費者が求めるものとは無関係の能書きが多く、
(詳細不明の食材の銘柄や調理法など)
その能書きが企業系のチープさ、安易さを助長していると思うことがある。
運営側の論理を押しつけられても、味には影響しない。
本当に美味いものを安く出してくれるのなら企業系でも個人店でもいいのだ。

とんかつと釜炊きご飯 ゆきひら イオンスタイル碑文谷店とんかつ / 都立大学駅学芸大学駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9

posted by こここ at 14:00| Comment(2) | 目黒区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここが経営母体ですね。
色々手広くやって駄目なパターンですかね?

https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:7m2_hCFlOsQJ:https://employment.en-japan.com/desc_937458/+&cd=15&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
Posted by 潤 at 2019年04月28日 19:48
>潤さん
コメントまことにありがとうございます。
また、情報もありがとうございます。

今後もし同業態を多店舗展開するなら、
質も料金も大胆な改善が必要だと思います。
Posted by こここ at 2019年04月28日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。