2019年04月25日

ケムリカレー(平塚)…神奈川県にまた一つ、スープカレーの良店が現れた

063.JPG
昼12時半過ぎ、湘南新宿ライナーをJR平塚駅で降りる。
昼飯の店を探すのだが、スーツ姿だから何となく海側の南口には出たくない。
西口を北側に出て、さびれた商店街をアテもなく彷徨い歩いていると、
ふと、ぽつんと佇む盛況の、スープカレー店らしき店に出くわす。
12時45分頃、その「ケムリカレー」に入ることにする。

073.JPG
入店すると主人らしき若い男性に「今、満席でして」と言われるが、
すぐに奥から女性店員が近寄ってきて、「ちょうど空いたのでどうぞ」
1席だけ空いていたカウンター席に座る。

016.JPG

014.JPG
店は個人経営と思われ、そのためメニューはシンプルだ。
具は鶏、豚、角煮、野菜の四種が基本で、追加トッピングや辛さを選べる。
必ず、なす、かぼちゃ、にんじん、ピーマン、じゃがいもは入り、
野菜を選択すると、更に別の野菜が加わると書かれている。
女性店員に辛さを聞くと、辛いもの好きは20倍以上でも楽にイケると言う。
ならば、と角煮野菜1,300円+税辛さ30番50円+税で注文する。

023.JPG
奥のテーブル席に目をやると、ローカルCATVの撮影が行われている。
無名と思われる可愛らしい女性タレントが
一つ一つの所作に細かすぎる指示を受けながら食べている様子を見て、
グルメ番組の撮影って意外と大変なんだなあ、と思ったりする。

026.JPG
ご夫婦と思われる店の二人の店員はこの撮影にまったく関与せずに、
調理や客の応対などの通常業務に追われている。

033.JPG
注文から13分ほどで注文の品が出来上がってくる。
もちろん、スープカレーとライスはセパレートされて出てくる。

046.JPG
カレーの具は豚角煮や上記のデフォルトの野菜のほかに、
ごぼう、しいたけ、ねぎ、おくら、絹さや、キャベツ、ブロッコリー、
ヤングコーンが入り、見た目にかなりゴージャスな印象を覚える。
野菜の多くは素揚げされていると思われ、彩りがとてもきれいだ。

037.JPG
ライスは雑穀米で、目玉焼きがのり、ガーリックチップが添えられる。

040.JPG
目玉焼きはタイ料理のガパオ飯のカイダーオのように揚げ焼されたものだ。
ディテールの凝り方には好感を覚える。

069.JPG
食べる。
もの凄く美味い。
巷間のスープカレーはとかく味が薄かったり、変な甘さを感じることがあるが、
この店のスープカレーは味わい深く、多彩な具とも上手く調和している。
辛さ30番は、私が美味しく味わえる上限の辛さだと思った。

051.JPG
がっちり煮込まれた豚バラ肉の角煮はスープカレーの最強の友と言える。
もったりと粘度のあるカレーにはブロック状の角煮は合わないと思う。

001.JPG
神奈川県にはラマイKikuya Curryといったスープカレーの名店があり、
他にもBAYらっきょアルペンジロー、心などの人気店がある。
明らかにこの店は上記の名店に負けないクォリティがあると思う。
恐らく、評判店、行列店になる日もそう遠くないのではないか。

006.JPG
店の二人の接客姿勢も心地よく、また来たいと思った。
因みに、昨年11月に現地にオープンする前は屋台営業だったようで、
煙のように現れては消えることが店名の由来なのだそうだ。

ケムリカレースープカレー / 平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。