2019年05月03日

スパイスカレーBASARA(鹿島田)…トッピングが魅力のスパイスカレーの新店

026.JPG
妻:「今日は友達とランチしてくるから勝手に食事しておいてね。」
というわけで憲法記念日の今日はGW10連休中唯一何も予定がない。
美味いカレー屋でもないかと朝からネット検索で探し続け、
本年3月にオープンしたばかりの「スパイスカレーBASARA」を見つける。

002.JPG
乗り慣れないJR南武線を鹿島田駅で降り、午前11時頃に店に着くと、
ちょうど若い男性店員が開店作業をしている。

003.JPG
店頭の券売機の前に立ち、その男性にメニューについて聞くと、
BASARAカレーよりもBASARAキーマの方が辛めに作られていること、
そのBASARAキーマにも各種トッピングができること、
大盛りはカレールーのみの大盛も可能なこと、が分かる。
BASARAキーマ880円とんかつ350円和牛メンチカツ300円
大盛り200円の食券を買い、入店する。

014.JPG
店内はカウンターのみ全8席だが席間は広く、
BGMでモダンジャズがかかり、雰囲気は落ち着いている。
先程の男性は主人のようで、女性店員と二人で切り盛りされている。
その様子から、明らかに企業運営店でないことが分かる。

011.JPG
卓上にはオーソドックスな赤い福神漬とソースが置かれる。

016.JPG
食券を渡してから16分ほどで出来上がってくる。
大皿で出され、出た瞬間のけぞるほど全体のボリュームは多い。

022.JPG
盛り付けるところを見ていたのだが、女性店員が恐ろしい量のご飯を盛り、
「そんなにいらないです、ちょっと少なくしてください」とお願いした。
またルーの盛りも主人が「もう一杯くらい足して」なんて指示していて、
きっと企業系店、チェーン店のように細かく量が決まっていないのだろう。

044.JPG
食べる。
BASARAキーマは牛挽肉に加え、ニンジン、玉ねぎ、パプリカ、カブ、
そして瓜系の野菜(詳細分からず)などが具として認められる。
野菜は食感を残すために軽く火を入れただけで加えられているようだ。
酸味、甘みを感じ、辛さは強くないが後からじわっと出てくる感じ。
本格インドと言うよりはカフェめしの独創的キーマカレーという印象だ。

036.JPG

038.JPG
とんかつは肉の厚みが最大0.8p、肉だけで100g程度のボリュームだ。
目が粗く硬めのコロモは肉にしっかり貼りつき、カレーによく馴染む。

029.JPG
和牛メンチは和牛粗挽肉にみじん切りの玉ねぎが練り込まれ、
とんかつ同様、かっちりと硬いコロモで覆われている。
キーマカレーによく合ったが、ウスターソースでも食べてみたいと思った。

047.JPG
その他、茹で卵や素揚げされたねぎがカレーにのっていた。
手が込んでいてよくできていると思ったし、とても美味かった。

051.JPG
だが、私の好みで言えば、カレーはもうちょっと辛くできるとよかった。
“甘さの後に辛さが来る”というコンセプトで作られているため、
辛さの調節を可能にすることはないのだと思うが・・・

053.JPG
個人運営店なので、きっと味は微妙に変わっていくのだろう。
雨後のタケノコのようなインスタ映え狙いのスパイスカレー店はうんざり。
こういう追加トッピングが魅力的なカレー店の出現は大歓迎だ。
半年ほど間をおいて、また来たいと思う。

スパイスカレーバサラカレーライス / 鹿島田駅新川崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 川崎市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。