2019年05月10日

活魚 季節料理 大安(荏原中延)…山うどの恨みは忘れない

034.JPG
朝7時からのミーティングに始まり、複数の会合に数珠つなぎに拘束され、
16時半に解放された時点で空腹よりも眠気に耐えられず、家路についた。
しかし、最寄りの荏原中延駅に降り立ったときに何故か気分が変わり、
刺身で一杯飲んで帰ろうと思い立ち、駅前の居酒屋数軒を物色した末、
何千回も前を通りながら未訪だった「活魚 季節料理 大安」に行く。

026.JPG
17時過ぎの入店で先客はなく、カウンター席に座る。
店は年配の女性と中年の男性の二人で切り盛りされている。
二人は声を掛けあいながらきびきびと作業をこなしている。

006.JPG

014.JPG
ドリンクは瓶ビール580円を注文する。
お通しはアスパラ、玉ねぎ、ベーコン、アロエの炒めものが出る。

009.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

041.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
フードメニューを見ると、
さすがに“活魚”を店名に謳うだけあって刺身類が豊富なようだ。

021.JPG
そこでまず最初にしめさば500円を、

029.JPG
続いていわしなめろう500円を注文する。
これらをつまみながらちびちびと飲んでいると、
常連らしき年配夫婦客が入ってきて隣の席につく。

019.JPG
更に刺身を追加することも考えたが、目の前に置かれた山菜が美味そうで、
山菜の天ぷら650円を注文する。

044.JPG
内容はタラの芽、こごみ、行者ニンニクにふきみそだ。
メニューには山うどが入ると書かれているが入っていない。
ほぼ同時に隣席の客にも同じ品が出されたが、そちらには入っている。
「サービスしておきましたから」
という隣席の客に向けた年配女性店員の信じられない声が聞こえてくる。

061.JPG
その夫婦客の男の方が私の皿に山うどがないのに気づいたようで、
「いやあ、この山うど美味いねえ」なんてわざと聞こえよがしに言う。
奥さんが「私はタラの芽が好き」と言うと、更にでかい声で、
「いやあ、山うどがなんつっても美味いよ、山うどが」・・・

064.JPG
気にせず日本酒一合400円を注文する。
隣席の客と似たような年齢の常連客が数組入店してくる。

069.JPG
続いて肉豆腐550円が出て来る。
硬い豚小間肉と玉ねぎ、豆腐が入り、かいわれが上にかかる。
味つけは極めて薄く、ぬるくて、病院食のような味わいだ。

084.JPG
一緒に出された既製の七味ニンニクをたっぷりかけて食べ切る。

001.JPG
さて、会計は4,500円ほど。
後で注文したものを合計すると3,580円。
お通しが仮に300円だとして、更に外税だとしても4,190円。
「この場所で40年やってるんですよ、また来てくださいね。」
来るわけねーだろ。

大安魚介・海鮮料理 / 荏原中延駅中延駅戸越駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.0

posted by こここ at 20:00| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。