2019年05月17日

三定(浅草)…江戸前のでっかいかき揚げの丼を食べたかったので

060.JPG
いい齢になった今でも、デカいかき揚げには胸躍るのである。
今は亡き新橋の橋善のかき揚げの遠い思い出がその根源と言っていい。
天ぷらなら浅草、その中でかき揚げと言えば中清葵丸進、三定。
老舗三店の中から、平日金曜の昼に三定に行く。

011.JPG
開店時間は午前11時半の筈だが、11時20分に着くと既に開店している。
1階フロアは満席で、2階に上がり、2人用テーブル席につく。
2階フロアも座敷までほぼ満席で、客のほとんどが外国人旅行客だ。
恐らく、海外の旅行ガイドにおすすめ店として掲載されているのだろう。

006.JPG

007.JPG

014.JPG
大かき揚にご飯とお椀というチャレンジングな注文も考えたが、
合計で5,000円を超えるため、さすがに身の丈に合わないと思い自重する。
当初の予定通り、中かき丼2,550円なめこ汁310円を注文する。

018.JPG
HPによれば当店は天保八年(1937年)創業で180年の歴史があるという。
天保八年って、大塩平八郎の乱が起こった年だ。
水野忠邦の天保の改革もまだ始まっていない。
本当なのだろうが、本当だとしたら文化遺産モノだ。

024.JPG

028.JPG
注文から8分ほどで中かき丼が出来上がってくる。
丼の蓋は閉まらず、かき揚げにもたれるように立てかかっている。
胡麻油のいい香りがふわっと漂う。

034.JPG
その1分後になめこ汁が出て来て注文の品が揃う。

048.JPG

055.JPG
丼の蓋をとると、期待通りの壮観さ。
かき揚げの厚みは最大で5pはありそうだ。
江戸前だからもちろん、一度ツユをくぐらせてから丼にのせられている。

071.JPG
箸でかき揚げを割ってみる。
よくあるチープなコロモだらけのかき揚げではない。

076.JPG
具はむき海老と貝小柱、これがゴロゴロと入る。

081.JPG
食べると、コロモのサクサク感はさすがにあまりないが、
もちろんベチャっとしているわけでもない。
カチッと全体が固まって具がバラバラに脱出したりはしない。
丼タレは甘めだがベタベタに甘ったるくはない。

084.JPG
やはりデカいかき揚げの丼は江戸前がいい。
タレ後がけタイプは確かにサクッとした食感が楽しめるが、
かき揚げがデカいと脂っぽさ、クドさを感じてしまう。
久々に満足感の高いかき揚げ丼を食べた。

066.JPG
なめこ汁は赤出汁で柑橘系の酸味が加わってなかなか美味かったが、
小さな椀で、これで310円は明らかに観光地価格だと思った。

001.JPG
私は浅草の名物かき揚げなら、葵丸進や中清よりここが好きだ。
大黒屋は論外だ。
浅草橋に姉妹店があるが、明らかに質は落ちる。
雷門の真隣という立地上、休日の昼は入るのが難しそうだから、
平日の昼に、いずれ、大かき揚げに挑みに来てみたい。

雷門 三定天ぷら / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。