2019年05月18日

ニューラホール(新御徒町)…どうしても黒いカツカレーの気分だったので

035.JPG
妻は前日から泊りがけで遊びに行き、久々にひとりぼっちの土曜だ。
気分はカシミール風の黒いカレーのカツカレーだ。
となれば選択肢はラホールかジョニーかレトルト使用の自作か・・・
考えた末、未訪の「ニューラホール竹町店」に行くことにする。

007.JPG
店外のメニューを見ると、カレーと定食類で構成されている。
ラホール系列店の中では、カレーに特化している外神田店以外と、
ほぼ同様のラインナップとなっている。

023.JPG
店に入ってすぐ左手にある券売機でカツカレー750円の食券を買う。

013.JPG

015.JPG
カウンター席に座り、卓上の現金注文用トッピングメニューを見る。
ここからがカスタマイズの始まりである。

024.JPG
まずルーは日本風かインド風かを聞かれるのでインド風を指定する。
そして辛さはメニューには5辛70円までしか出ていないが、
それ以上は1辛10円で上げることができ、10辛120円で注文する。
尚、インド風で5辛以上は自動的にブラックカレーになる。
更にトッピングロースカツ200円を一つ追加する。

021.JPG
以前も書いたが、都内には『ラホール』を名乗るカレー店が4店あり、
『ニューラホール』が2店ある。(他に埼玉に『ラホール』が1店ある。)
これらが現在どういう関係かは不明だが、大元は一緒だったと思われる。
前述の通り、これらの店の間にはメニューやファサードに共通性がある。

019.JPG
それでは、なぜこの店に来たのかと言えば、
系列では外神田店に次いでカレーのトッピングの自由度が高く、
つまり自分好みにアレンジできるカスタマイズ度が高いからである。

046.JPG
注文から5分ほどで出来上がってくる。
外神田店よりも皿が小さく、その分ルーの量が少なく見える。

031.JPG
ルーは見事な黒さだ。
軽く炒められたジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、いんげんが
具として後のせされている。

060.JPG
かつは肉の厚みが最大0.5p、肉だけで1枚70g程度のボリュームだ。
かなり厚めのコロモをまとっている。

053.JPG
食べる。

063.JPG
煮込まれた野菜からくる、そして焙煎されたようなスモーキーな甘味、
これにカイエンペッパー由来と思われる強い辛さがよく調和する。
10辛の辛さは外神田店の10辛と差がなく私にはちょうどいい。
ルーに粘度がないので、かつにはコロモに浸みこむ感じになる。
このタイプのカレーは本当にとんかつによく合う。
ルーが足りなく、ルー増しにすればよかった、と思った。

006.JPG
とても美味かった。
JR御徒町駅から徒歩10分とやや遠いことがネックだが、
近隣にコインパーキングが多く、車ならむしろ外神田店より便がいい。
次はかつ3枚のせかなあ、かつ2枚にメンチプラスもいいなあ、
なんて思いつつ店を後にし、アメ横方面に向かって歩いた。

ニューラホール 竹町店カレーライス / 新御徒町駅仲御徒町駅御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 台東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。