2019年05月22日

肉焼家 琉庵(荏原中延)…今年初めての焼肉食べ放題丼

040.JPG
昼過ぎ、戸越公園駅近辺で用事を終え、荏原中延駅方面に歩く。
今日の昼飯は「肉焼家 琉庵」の焼肉食べ放題ランチに決まっている。
久々に炙りたての肉をのせた茶碗丼を思い切りかき込むのだ。
気温30度の中、その丼を思い浮かべながら重いカバンを持って、
一心不乱に歩く。

12時45分頃に店に着くと、先客はサラリーマン男性二人組のみ。
この店のランチに来るのは半年ぶり、通算五回目だが、
いつも、この魅惑のランチになぜ人が集まらないのか不思議に思う。
もちろん食べ放題ランチ1,100円を注文する。

010.JPG
食べ放題は最初に盛り合わせが出され、食べ切ってから追加するシステム。
追加できる品は白板に書かれ、一回に二品ずつしか注文できない。
最初の盛り合わせも追加品もタレ、塩ダレ、味噌ダレを選べる。
制限時間は45分で、店が計測していて10分前に声がかかる。

006.JPG
最初の盛り合わせ、ご飯、スープ、サラダが出て来る。
いずれもおかわりができる。
いつもスープは凝っているが、今日は平凡なコーン掻き玉スープだ。

008.JPG
盛り合わせの内容は豚カルビ、豚ロース、豚ハラミ、鶏モモ、豚カシラ。
タレで注文している。

012.JPG
網が十分熱くなった頃合いを見て焼く。

017.JPG
焼きあがったものから順に食べる。
豚カシラがちょっと硬くてクセがあったが、他はまずまず。

019.JPG
そして鶏モモと豚ハラミを追加で、タレで注文する。
ここからが待望の焼肉食べ放題丼づくりだ。
豚ハラミは最初の盛り合わせで出されたものよりも脂がのって美味そう。

023.JPG
まずは焼鳥丼を作成すべく、鶏モモから焼く。
鶏モモはまず皮を下にして焼き目をつける。
茶碗のご飯にタレをかけ、スタンバイする。

034.JPG
出来た。
食べる。
もの凄く美味い。
鶏モモ肉のタレ焼きが白飯にのる丼は人類史上最強の丼だ。

043.JPG
鶏モモ丼を食べている間に豚カルビを焼く。
脂が網の下に滴り落ちて盛んに炎が上がる。

053.JPG
しっかり焼き目をつけ、おかわりしたご飯にのせて完成だ。
脂身たっぷりの豚カルビのタレ焼きが白飯にのる丼は人類史上・・・

002.JPG
鉄壁の満足感だった。
本当は牛レバーも食べたかったのだが、お腹がそこまで回らない。
この店の食べ放題ランチで茶碗の焼鳥丼を食べるようになってから、
虎ノ門や築地の焼鳥丼の名店に行こうという気持ちも芽生えなくなった。
数か月に一回くらい、このランチを楽しみに来たいものだ。

肉焼家 琉庵焼肉 / 荏原中延駅戸越駅中延駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。