2019年05月25日

Aux delices de dodine(大門)…晩春のオデリス、凝りに凝った料理ばかり

054.JPG
季節に一回行くことに決めている「Aux delices de dodine」。
今日もどんなに凝った料理を食べさせてくれるのか、
ワクワクしながら、都営浅草線を大門駅で降り、店に向かう。

006.JPG
開店時間の18時ちょうどに店に着き、入店すると既に先客が一人いる。
馴染みの店員さんにいつもの奥めの2人用テーブル席に案内される。

013.JPG
今日選んだワインはPETIT TALUOS4,500円+税
ラングドックのメルロー、シラーで、凝縮感のある樽の効いた一本だ。

007.JPG
重めの赤ワインを注文した後に、本日の黒板メニューを見せられ、
魅力的な魚介類の前菜が多いことが分かり、ちょっとがっかり。
それにしてもいつになく黒板メニューの品数が多く、目移りする。

010.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
店員さんのメニューの説明をワクワクしながら聞く。

022.JPG
この日の料理一品目はフォアグラと牛舌のルクルス1,080円+税
店員さんに“本日一押し”と勧められての注文である。
フォアグラと牛タンがミルフィーユのように重ねられた、
パテやテリーヌのような冷たい前菜だ。
煮たレンズ豆、玉ねぎ、ニンジンにクスクスやクルトン、香草などを加え、
サラダ仕立てにしたものが下に敷かれている。

021.JPG
都内でもこの料理を出す店はなかなかないのだそうだ。
食感が楽しくてとても美味かった。

027.JPG
二品目は焼きナスのコンソメジュレ寄せ1,200円+税
これも冷たい前菜で、二人分に分けて出される。

033.JPG
ガラスのコップに煮込まれて軟らかくなった焼きナスが入り、
その上にカリフラワーのムースがかかる。

039.JPG
表面の葉っぱをよけるとウニとキャビアが姿を現す。
ウニ好きの妻は大喜びだ。

042.JPG
メインは沖縄県産豚バラ肉のバロティーヌ1,850円+税を選ぶ。
豚バラ肉に挽肉の詰め物がされ、円筒状に成形され焼かれている。
マスタードソースがかかり、下にマッシュポテトが敷かれ、
ジャガイモ、かぶ、芽キャベツ、ニンジン、パプリカ、ジロール茸、
ヤングコーン等の焼き野菜が添えられる。

060.JPG

070.JPG
なかなかのボリュームだ。

072.JPG
豚バラ部分をカットして断面を見るとアスパラが埋め込まれている。
3ヶ月前に来たときも豚肉のメインはマスタードソースだったので、
最近はこのソースを推しているのかもしれない。

002.JPG
この日の会計は二人で10,400円。
三品ともとても凝った料理で本当に楽しめた。
そしていつも通り、お腹いっぱい。
三ヶ月後、真夏のオデリスも楽しみだ。

004.JPG
店のはす向かいにいっぺこっぺが出来そう。
この路地は“豚肉通り”と呼ばれる日が来るかもしれない。

Aux delices de dodineビストロ / 大門駅浜松町駅芝公園駅

夜総合点★★★★ 4.3

posted by こここ at 21:48| Comment(0) | 港区 浜松町、大門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。