2019年05月29日

白鳳(元町・中華街)…何の下情報も思い入れもなく飛び込みで入ってみた

057.JPG
昼過ぎまでかかるはずだった仕事が想定外に早く終わり、
この後の予定を考えて早めに昼飯を済ませてしまおうと中華街に行く。
午前10時45分頃、まったくノープランで“営業中”の札がかかる店を探し、
たまたま路地に見つけた「白鳳」に入ることにする。

016.JPG
入店すると、奥めの席で食事をしていた女性店員が慌てて近寄ってくる。
もちろん先客はなく、入口近くの4人用テーブル席に座る。

021.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

031.JPG

029.JPG

011.JPG

023.JPG

025.JPG

009.JPG
メニューを見る。
850円のランチセットがどう見てもお得そうだと思ったが、
豚肉の細切り焼きソバ840円+税大盛200円+税で、
更に焼きギョウザ(6コ)525円+税を注文する。

038.JPG
因みに中華街の店は11時か11時半開店が多いが、
10時台から営業している店も結構ある。
かなりの数の修学旅行の学生や観光客が10時台から通りを歩いていて、
早くから店を開けるメリットが十分あるのだろう。

043.JPG
注文から8分ほどで焼きそばが出来上がってくる。

077.JPG
大盛のボリュームは一見した感じではそれほどでもなさそう。

087.JPG
具は細切り豚肉にター菜、ニンジン、玉ねぎ、もやし、干しシイタケ。
メニュー写真では豚肉、タケノコ、ター菜、シイタケの内容だった。
まあ仕入等の事情によって具が変わることは仕方ないとは思うが・・・

101.JPG
食べる。
麺は細めの蒸し麺で好みのタイプだが、
焼きが甘いせいか焼き目が乏しく、あまり香ばしさを感じない。
それに、玉ねぎの変な甘さが出ていて、あんもあまり美味くない。
私はあんかけ焼きそばの具に玉ねぎは絶対に不要だと思う。

114.JPG
たぶん餃子は忘れられているなあ、なんて思いかけていた頃、
焼きそばが出てから14分後に餃子が出て来る。
平均的なサイズのものが6個皿に並ぶ。

130.JPG
一個を箸で半分に割り、

134.JPG
断面を見る。
豚挽肉や玉ねぎ、ニラなどが見え、特殊な具材は入っていないようだ。

121.JPG
醤油+酢+辣油のタレで食べる。
皮は自家製と思われ、厚めでもちっとしてなかなか美味い。
あんはニラの味が強く利いていて、ニンニクはまったく感じない。

005.JPG
まあ、横浜中華街では中庸な位置づけの店なのだと思う。
昼にコストパフォーマンスの高いランチセットを食べることが、
恐らくこの店のもっともいい利用法だろう。。
多くの人が“横浜中華街は通りから外れた路地に良店が多い”と言うが、
もちろん、路地に行けば必ず当りの店に出会えるわけではない。

白鳳広東料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by こここ at 14:31| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。