2019年05月31日

西洋料理 杉山亭(西小山)…界隈随一の正統派洋食店

036.JPG
西小山で午前10時に終わるはずの仕事が11時過ぎまでかかる。
昼飯のもともとの目論見は豊洲市場だったのだが、やむなく断念。
以前から一度は行ってみなければと思っていた「西洋料理 杉山亭」に行く。

016.JPG
11時半に店に着くと、店頭には年配女性が二人、開店を待っている。
11時33分頃に女性店員が出て来て開店し、一人であることを告げると、
奥のカウンター席に座るよう指示される。
私のすぐ後に男性一人客の入店が続き、カウンターの4席は満席に、
テーブル席はガラガラ、というアンバランスな状態になる。

009.JPG

011.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
ビーフシチューや牛舌シチューにも若干心を惹かれたが、
海老マカロニグラタン1,200円ハンバーグステーキ860円を注文する。
グラタンは30分かかると言われるが、かまわず通してもらう。

024.JPG
店は調理を一手に行う主人と思われる年配の男性と、
調理の補助やフロアを賄う女性の二人によって切り盛りされている。
この二人はずっと他愛もない会話をしている。
近所に住んでいる〇〇さんがどうしたこうしたとか・・・
毎日募るストレスを和らげる術なのかも、と思ってみたりもする。

021.JPG
注文から7分でランチのミニサラダが出て来る。
あらかじめ胡麻ドレッシングがかかっている。

033.JPG
そして注文から22分ほどで海老マカロニグラタンが出来上がってくる。
他のほとんどの客は日替りランチセットやオムライスを注文していたが、
予想外に、私の品が一番最初に出てきた。

041.JPG
パスタはペンネが使用されている。
食べてみると、ベシャメルはゆるくも硬くもなくほどよい感じ。
むき海老は身が締まっていてなかなかの味わい。
巷間のグラタンには冷凍のショボい海老が入るものが多いが、
海老だけ見ても、この店のグラタンには本格派のプライドを感じる。

047.JPG
その5分後にハンバーグステーキが出て来る。

044.JPG
カップのオニオンコンソメスープがつく。

056.JPG

060.JPG
ハンバーグは150g程度のボリュームだ。
デミグラスソースがかかり、目玉焼きが上にのり、
茹でたブロッコリーとポテトサラダが添えられる。

063.JPG
合挽き肉使用と思われ、みじん切りの玉ねぎが練り込まれている。
食べてみると、粗挽きの肉肉しさやゴツゴツ感はなく、
しっとりと肉汁が滴るという感じもない。
但しデミグラスソースはコクがあって味わい深かった。
ビーフシチューや牛舌シチューも食べてみたいと思わさせられた。

070.JPG
全面喫煙可のようだが、運よく喫煙客は誰もいなかった。
不動前、武蔵小山、旗の台、荏原中延、大岡山の東急沿線一帯には
昔ながらの庶民派洋食店が結構あるが、
中ではこの店が一番正統派感、格調があるように思える。
ときどき来てみたい、と思わさせられる店だ。

西洋料理杉山亭洋食 / 西小山駅洗足駅武蔵小山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 13:57| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。